マーチステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はマーチステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では2・3・4・15・16番ゲート有利と判断しています。

上位人気馬はロードゴラッソ・ヒラボクラターシ・テーオーエナジー・ハイランドピークですが、今回は全体的に前に行きたい馬が揃った印象。

その中でも7枠13番ハイランドピークは人気馬の中ではかなり外寄り。

多分2・3番手辺りで競馬をしたいこの馬にとって、この枠は決して有利とは言えないでしょう。

だからと言って、内枠の馬達は先行激化となる可能性も十分あるので、そこ辺りは読み切れない。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

3枠6番 ヒラボクラターシュ(1500円)

 

(抑え馬)

4枠8番 テーオーエナジー(500円)

 

対抗馬は連闘で使い過ぎが気掛かりだが、佐賀記念でテーオーエナジーに勝ったヒラボクラターシュ。

テーオーエナジーもダート重賞常連馬チュウワウィザードに勝ったり、G1馬インティと接戦した経験もあるが、今回の展開を考えると逃げてどこまで粘れるか、そして鞍上田邊騎手の絶不調ぶりを考えると抑えまで。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

候補に挙げていた馬が望んでいた枠に入ってくれた。

まさにMr堅実駆け馬です。

この手のタイプはG3レベルくらいなら通用しそう。

過去記事で書いた血統傾向・データ推奨馬・枠順傾向の全てに合致したのはこの馬だけ。

格下でもチャンスは十分あると思います。