マイルチャンピオンシップ2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はマイルチャンピオンシップ2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1600m戦。

ダノン両頭の一騎打ちムードですが、今回想定1~3番人気までは全て日本人騎手。

一流外人騎手が多数参戦してるので一角崩しなら外人騎手では?

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると多頭数でも外枠が悪いという傾向は見られない。

17・18番はやや悪いかな?という程度。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見ると内か外かという両極端な傾向ですね。

中枠の複勝率がなぜ悪いのかは正直分からない。

ただはっきりしているのは外枠でも不利にはならないということ。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると追い込み馬以外はほぼ互角です。

その中でも差し馬が6勝している点に注目です。

ただ差し馬が6勝しているが、上り1・2位の複勝率は決して良くはない。

このことから考えると京都の外回りのイメージとは違い、このレースは強烈な決め手は必要ないがソコソコの上りは必要といったレースではないでしょうか。

ただ正直なところ、ソコソコの上りを使うという馬を決めるのも判断が難しい。

逆に強烈な決め勝負の馬は分かり易い。

今回の登録馬で言えばダイアトニックのような毎回強烈な決め手勝負の馬は決して有利ではないというレースかもしれませんね。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクトです。

ただ近2年ミスプロ系とノーザンダンサー系が台頭している点が気になりまね。

まあそれでもディープ産駒は毎年必ず1頭は圏内に入ってきているので押さえておくべきでしょう。

 

今回の該当馬は

 

アルアイン
ダノンキングリー
ダノンプレミアム
プリモシーン
レッドオルガ

 

以上5頭です。

ここに2強のダノンキングリーとダノンプレミアムが揃って入ってきました。

例年通りならこの2頭のどちらかは馬券内に来る確率は極めて高そうです。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走はこの馬の好走例とは全く真逆のパターンでノーカウントで良いと思います。

内枠が必須条件だが、条件さえ揃えば鞍上の手腕込みで頭までは無くても2or3着ならチャンスはあるでしょう。