マイルチャンピオンシップ2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はマイルチャンピオンシップ2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

まずは1枠1番ダノンキングリーですが、前走は出遅れながらも4角で後方2番手からの追い込みで1着。

ただ前走のように出遅れると、この枠順は確実にマイナス。

仮に出遅れないとしても、内にはマイスタイル・グァンチャーレ・インディチャンプ等、この馬よりは前目で競馬をしたい馬が揃った。

そうなると包まれる危険性はゼロでは無いと思える。

不利とは言わないが、絶好枠では無いと思う。

 

次に7枠14番ダノンプレミアムですが、ちょっと外過ぎるかなという印象。

理想は4枠辺りだったかもしれない。

ただこの枠なら外から被される心配もないという点では良かったかもしれない。

それでもベストと言える枠順では無いと思う。

 

次に3枠5番インディチャンプですが、上位人気馬の中では一番の絶好枠と言えるでしょう。

外過ぎず内過ぎず包まれる心配も少なく先行策が取れそうです。

 

最後に8枠15番ダイアトニックですが、ちょっと外過ぎる印象もありますが、届くかどうかは別として脚質的にこの配置なら自分の競馬に徹することが出来そう。

それでも理想は5~6枠辺りだったかなとも思う。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬(A)〇7枠14番 ダノンプレミアム (馬連 500円・ワイド 1000円)

◎穴本命馬(B)-〇7枠14番 ダノンプレミアム (馬連 500円・ワイド 1000円)

 

レース間隔は短くなったが、前走のハイレベルな天皇賞秋で2着という実績は伊達ではない。

過去に圏外になったレースは明らかに距離適性外のダービーと超絶不利を受けた安田記念だけ。

普通に走れさえすれば1600~2000mでこの馬が崩れるのは考えにくい。

 

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

今回は外人騎手で決め打ちします。

上位3番人気以内は全て日本人騎手。

そしてこれだけの一流外人騎手が揃って圏内に一人も来ないはずがない!

ただ過去10年で全馬共通して言えるのは前走一桁着順の馬しか圏内に来たことがない。

それを踏まえて穴馬を選ぶとすればこの2頭。

 

穴馬(A)

この枠は正直外過ぎるが、揉まれずに競馬をしたいこの馬にとっては絶好枠かもしれない。

ただ脚質傾向・コース適正を考えると上手く嵌ればという展開待ちという部分も大きい。

後は鞍上の手腕に期待するのみです。

 

穴馬(B)

この馬が最大のパフォーマンスを発揮するとしたらこのレースしかない。

枠順も申し分ない配置で立ち回り勝負で好位差しの競馬が出来そう。

前走の鞍上と比べたら、今回は明らかに強化されたという点でも買い要素はある。