マイルチャンピオンシップ2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はマイルチャンピオンシップ2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1600m戦です。

現時点で登録馬は20頭です。

今週も上位人気馬の鞍上が外人騎手祭りです。

穴馬の付け入る隙はあるでしょうか?

 


まず枠順傾向です。

過去10年でフルゲート開催は9回、そして17頭立て1回です。

あまり変わらないので単純に枠順傾向で調べました。

以下がその傾向です。

 

 

これを見るとやや内枠が有利?という気もしますが、変わらないと言われれば変わらないかなと思う程度。

決定的な差はありません。

 

今度はコースデータを調べてみます。

2008年以降の開幕5・6日目のマイルチャンピオンシップを除くフルゲートのデータです。

 

 

これを見ると複勝率で6枠と8枠の成績が悪い

昨年は大外枠でペルシアンナイトが勝ちました。

 

今回はもう少し掘り下げて5番人気以下の穴馬の枠順傾向を調べました。

考えとしては穴馬とは基本的に能力が低い馬で、だからこそ枠順の恩恵を受けて激走するということ。

マイルチャンピオンシップ過去10年の穴馬傾向です。

 

 

これを見ると成績が落ちるのが4枠5枠8枠という順。

個人的にはフルゲートの8枠は完全不利だった印象があったのですがそうでもなかったです。

 

今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

ちなみに3つの傾向データで全て成績が良かったのは7枠

この枠は要注意でしょう。

 


次に脚質傾向です。

対象は過去10年のデータです。

 

 

競馬の基本である先行馬はやや劣勢です。

逃げるか差すかという武器のある馬が強いですね。

 

今回のメンバーでは逃げ馬のアエロリットVS差し・追い込みのモズアスコットという図式でしょう。

脚質傾向から言うとこの2頭は人気でも抑えておきたい馬です。

 


最後に血統傾向です。

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクト、これだけです。

本当は母父ノーザンダンサー系の馬も活躍しているのですが、その馬の父が殆んどディープインパクトでした。

今回の該当馬は

 

アルアイン
カツジ
ケイアイノーテック
ジュールポレール
ミッキーグローリー
レッドアヴァンセ

 

以上6頭です。

2012年から6年連続ディープ産駒は馬券圏内継続中です。

今年もこの中から1頭は馬券に絡んでくるのではないでしょうか。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

想定オッズを見るとかなり人気が無い。

過去実績が無いステップレースからの参戦・関東専門騎手への鞍上弱化・G1級との対戦が未経験等色々あると思いますが、この馬の最大の武器は勢いついたディープ産駒は買いという自分の格言です。

この格言で最近では菊花賞のフィエールマン秋華賞のミッキーチャームを本命にして馬券になりました。

今回もこの格言を信じます。