ホープフルステークス2019予想 過去データ消去法

こんばんわ、ワイド師です。

今回はホープフルステークス2019の過去データ消去法の記事です。

データ消去法は基本的に上位人気馬編(基本的には4番人気まで)と穴馬編(基本的には5番人気以下)に分けていますが、今回は全馬共通編のみで調べました。

 

netkeibaさんの現在の想定オッズは以下の通りです。

 

 

ゼノヴァースディアマンミノルは出走回避となりました。

 


今回はデータ消去法全馬共通編のみです。

理由はG2以前とG1昇格後ではステップレースのレベルがかなり違うからです。

しかもデータは過去2年となるので全馬共通としました。

 

過去2年の結果は以下の通りです。

赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去2年で多く見られる共通点

 

① 前走重賞2着以内又は未勝利戦を除く前走1着馬

➁ 前走上り2位以内

 

以上になります。

 

G2以前は前走未勝利馬もソコソコ好走していたのですが、昇格後はその面影なし。

やはり前走重賞好走馬の比率が高くなっています。

さらに上りは前走2位以内は必須条件と判断して良いでしょう。

過去5年に遡っても、15頭中14頭は前走上り2位以内という成績です。

 

今回の該当馬は

 

オーソリティ
ガロアクリーク
コントレイル
ブラックホール
ワーケア
ヴェルトライゼンデ

 

この6頭です。

今回はこの6頭をデータ推奨馬とします。

この中でも注目しているのはヴェルトライゼンデです。

敢えて条件には載せませんでしたが、前走京都出走組の上位人気馬は好走率が高い。

鞍上もマーフィー騎手を迎え、外人騎手の好走率も非常に高いレース。

更にはコントレイル以外の上位3頭はノーザンファームの馬でこの馬も該当する。

ノーザンファーム馬は過去5年で4勝。

ノーザンファームから勝つのはワーケアかもしれませんが、多くの点で好走率が高そうなヴェルトライゼンデは妙味的にも面白い存在です。

 


 

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

ホープフルステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

ディアマンミノルを挙げようと思っていたのに回避してしまった(-_-;)

鞍上はかなり不安だが、ここは1発デカい大穴馬を挙げます。

父から判断すると距離適性に疑問は残るが、前走で同距離経験済み。

データ推奨馬でも挙げ、地力はまだ未知数。

1頭軸では怖くて買えないが、穴馬2頭軸なら狙っても良いかもしれません。