フローラステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はフローラステークス2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~9番ゲート有利と判断しています。

今回は3強オッズとなっているので上位3頭を見ていきます。

 

まずは4枠7番ホウオウピースフルですが、好枠でしょう。

基本的に6番ゲート以内の好走率が極めて高いレースであり、7番ゲートくらいなら良い枠ではないでしょうか。

 

次に5枠9番スカイグルーヴですが、過去2戦を見る限りでは前に付ける競馬がスタイル。

そうなるとやはり内枠が良かったと思うので、ギリギリ一桁馬番なので及第点でしょう。

 

最後に6枠11番レッドルレーヴですが、好枠からは外れた。

大外枠というような極端な配置ではないものの、やはりプラスではないでしょう。

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びますが今回は上位3頭から。

今回は対抗馬2頭と押さえ1頭を選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

(馬連)

◉穴本命馬5枠9番 スカイグルーヴ (馬連 500円)

◉穴本命馬-▲6枠11番 レッドルレーヴ (馬連 500円)

 

(3連複)

◉穴本命馬-⑦⑪ (各500円×2点)

 

計2000円

 

対抗馬は鞍上ルメールで京成杯で牡馬相手に2着という実績を買って⑨スカイグルーヴ

対抗2番手はデムーロ騎手が福島牝馬ステークス1番人気のエスポワールを蹴ってまでも選んだレッドルレーヴ

 

3連複では鞍上が魅力のレーン騎手の⑦ホウオウピースフルを押さえます。

 

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

絶好枠に入ったこの馬で勝負。

今回数少ないディープインパクト産駒で東京コースで威力を発揮するトニービンを母父に持っている。

父は違うが兄弟には重賞好走馬が多く、資質はありそう。