フローラステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はフローラステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは東京競馬場で行われる芝2000m戦。

上位3頭が抜けた人気になっていますが、このレースは二桁人気馬がバンバン突っ込んでくるレースでもあるので楽しみな1戦です。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると逃げ・先行馬が有利なレースに見えますが、差し・追い込みで8勝しています。

また上り1・2位で9勝しているので開幕週だからと言って絶対前有利とは言えないレースです。

 

注目したいのは過去10年で9勝している上り1・2位馬。

9頭中8頭に共通するのは前走500万クラス以下なら上り2位以内で、重賞ならば3位以内。

ただこれだけでは対象馬が多すぎます。

それでも3強のどれかが勝利すると考えるならば、ホウオウピースフル(前走上り4位以下)だけがこの条件に合致しない。

上位人気で頭を狙うならスカイグルーヴかレッドルレーヴの2択がベターだと思います。

更に言うとルメール騎手はスカイグルーヴとレッドルレーヴの主戦騎手であり、今回はスカイグルーヴに騎乗。

そうなるとスカイグルーヴは当然重視すべき1頭となるでしょう。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・長距離系サンデーサイレンス系種牡馬

・キングマンボ系

 

です。

一時期ハービンジャー産駒が好走したものの、基本はサンデーサイレンス系です。

ただ種牡馬別で見ても抜けて良いと言える馬もいなく、共通点と言えば長距離実績のある種牡馬であるということ。

今回の登録馬のサンデー系の父をみると、ハーツクライ・ゴールドシップ・ディープインパクト・オルフェーヴル辺りが長距離系と言えそうです。

ただディープインパクトは万能なので長距離だけではないですが‥

 

今回の該当馬

 

ウィスパリンホープ
ウインキートス
エレヴァテッツァ
キングスタイル
ヒューマンコメディ
フアナ
ホウオウピースフル
レッドルレーヴ
ヴォリアーモ

 

以上9頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走3着以内
② キャリア3戦以上

 

以上になります。

過去10年で4番人気以内馬のどれかが来た年は10回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10回中9回です。

 

今回の該当馬

 

レッドルレーヴ

 

この1頭です。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

デビューから距離延長を重ねて前走は2400mで勝利。

その前走2400mからの距離短縮馬は過去10年で3頭いて2頭が圏内に入った。

サンプル数は少ないが、その内1頭は18番人気の馬。

今回は初勝利した同コースに戻り、条件は決して悪くない。

あとは内枠に入ってくれることを祈るだけです。