フラワーカップ2020予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回はフラワーカップ2020の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

netkeibaさんの現在の想定オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後の過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると13番ゲート以降からは好走馬なし。

外枠は不利なように見えます。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

穴馬を見ると好走馬は中枠に集中している。

物理的にはスタート後間もなくコーナーに差し掛かるので、内枠不利というはずはない。

ただ開催が進むにつれ、内馬場が荒れてきていることが、穴馬の好走例がない原因かもしれない。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

5~12番ゲート有利

 

 

と判断します。

もっと絞れば5~10番ゲートだが、全体傾向では12番ゲートまで好走馬がいるので、やや条件を緩めました。

 


次は穴馬過去データ消去法です。

穴馬は基本的には5番人気以下としています。

 

2011年を除く過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した穴馬に多く見られる共通点

 

① 前走東京・中山・京都・阪神開催出走組
② 前走3着以内or5番人気以内
③ キャリア5戦以内

 

以上になります。

過去10年(開催数は9回)で5番人気以下馬のどれかが来た年は7回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去7回中7です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ショウナンハレルヤ
ナリノクリスティー
フラワリングナイト
ボンオムトゥック
ポレンティア

 

この5頭です。

 


 

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

フラワーカップ2020予想 上位人気馬消去法と脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

前走は大穴をあけたが、その時の2着馬はスプリングステークスで穴人気しそうなアオイクレアトール。

今回の出走メンバーは重賞クラスとは言えない馬達ばかり。

前走くらいの走りができれば、ここでも足りる存在です。

あとは先行策で結果を残しているので、枠順とペース次第ですね。