フラワーカップ2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はフラワーカップ2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

 

枠順傾向の記事では5~12番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは6枠9番ミアマンテですが、道悪馬場の差し競馬で2戦2勝。

傾向的にも脚質的にも好枠で、今も降り続く雨の影響で外差し馬場になればさらにチャンスか?

 

次に7枠11番クリスティですが、この馬も好枠の12番ゲート以内。

脚質的には先行馬だが、2戦目では差し競馬で完勝している。

絶対に前に行かないとダメというタイプでも無さそうですしマイナスにはならないでしょう。

 

次に7枠12番シーズンズギフトですが、過去2走は先行馬のすぐ後ろで競馬をしている。

やや外目に入ったが、クリスティと同じく特に問題は無いでしょう。

 

最後に7枠14番レッドルレーヴですが、過去5年で圏内無しの13番ゲート以降に入った。

枠順もそうだが、人気先行型でしかも軽量馬。

あまり買いたい材料が無いですね。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬7枠11番 クリスティ (馬連 1000円)

◎穴本命馬7枠12番 シーズンズギフト (馬連 1000円)

 

過去記事でも書いたが、このレースは馬格のある馬がかなり活躍しているレース。

クリスティとシーズンズギフトは両馬とも馬体重480キロ前後の大型馬。

ミアマンテは道悪適性と枠順での評価は高いが、420キロ前後の馬体重というのは大幅割引。

よってクリスティとシーズンズギフトを対抗馬としました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

この馬も馬格では負けていなく、メンバー中最重量馬。

枠順も脚質も問題なく、重賞好走歴があるのはこの馬だけ。

その割には人気もソコソコでお買い得だと思います。