フラワーカップ2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はフラワーカップ2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝1800m戦。

想定オッズ1番人気は未勝利上りのレッドルレーヴですが血統書付きの人気先行型?

ちょっと疑って掛かりたいですね。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

改修工事後の過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

逃げと先行で過去5年5勝という数字から考えると前目の馬が有利と言えるでしょう。

ただ逃げ馬が勝利した3勝は1番人気2頭と2番人気が1頭

一概に逃げ馬が有利と決めつけるのも危険かも。

それでも全体的には前に行く馬が有利な傾向がありそうです。

しかし馬券内という意味では、差し馬までなら複勝率を見ると不利とも言えない。

そこで今回のメンバーの前走脚質を見ると16頭中14頭が先行策(-_-;)

こうなると枠順確定後にもう一度考えた方が良さそうです。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ディーインパクト

 

又は

 

母父に

・ノーザンダンサー系

 

又は

 

・グレイソブリン内包馬

 

です。

 

今回の該当馬

 

アブレイズ
アミークス
エンジョイ
キングスタイル
クリスティ
ショウナンハレルヤ
チェスナットドレス
トリンカデイラ
ポレンティア
レッドルレーヴ

 

以上10頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

2012年を除く過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 当日馬体重450キロ以上

 

以上になります。

過去10年(開催数は9回)で4番人気以内馬のどれかが来た年は9回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去9回中9回です。

 

今回の想定1~4番人気馬で上記の条件に該当する馬は

 

クリスティ
シーズンズギフト

 

この2頭です。

ポレンティアは僅差の想定5番人気なので対象外としましたが、4番人気以内になるとしたらこの馬も対象内です。

ここまでを踏まえて判断すると馬格が足りなく人気先行型のレッドルレーヴはちょっと嫌いたい。

あとは枠順次第ですね。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

人気馬の部類に入ってしまうが、馬格もあり唯一の重賞好走馬。

好走血統でもあるグレイソブリン持ちで、キャリアも浅くまだ上昇の余地はありそう。