フェアリーステークス2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はフェアリーステークス2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝1600m戦。

毎年低レベルの馬が集まるレースなので、荒れる要素は満載。

迷うことなく穴馬を狙うしかないでしょう。

 

出走馬も確定したnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後2015年以降の結果は以下の通りです。

 

 

コース形態的にスタート後まもなくコーナーに差し掛かるので、物理的には内枠が有利。

ただ複勝率を見ると外枠からでも好走馬は出ている。

中枠辺りは微妙ですが、これを見る限りでは外枠が不利ということはない。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関しても外枠が不利ということは無さそう。

むしろ最内から穴馬がでてない。

内枠が有利なはずだが、データ的には絶対内枠と言える根拠が無い。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

コース形態を考えれば、普通に内枠先行を狙うのがベストだが、近5年で見れば追い込み馬以外は十分圏内を狙える。

こうなるとあとはメンバーの脚質や枠の並び次第で前を取るか、後ろを取るかという選択になりそう。

それでもまだ明けて間もない3歳馬でどんな戦法を取るかは未知数。

決めつけは良くないが、逃げて2勝しているスマイルカナは鞍上の性格を考えても今回も逃げる可能性は高そう。

内枠に入るようなら注意しておきたい1頭です。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

父にスタミナ型サンデーサイレンス系やノーザンダンサー系が活躍しているが、実は複勝率で見るとソコソコの活躍。

 

過去5年の好走の傾向は

父×母父に

・サンデーサイレンス系×ミスプロ系

 

以上です。

この血統配合の組み合わせの馬の複勝率は過去5年で60%を超えています。

この傾向は見逃せないです。

 

今回該当馬

 

カインドリー
シャインガーネット
スマイルカナ
チェーンオブラブ
フルートフルデイズ

 

以上5頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走は出遅れ気味で4角後方2番手から上り最速でシャインガーネットとはコンマ1秒差の4着。

中山コースでその脚が活きるかどうかは疑問だが、スタートさえ決められればシャインガーネットとの比較で考えてもチャンスは十分あるはず。