フェアリーステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はフェアリーステークス2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番スマイルカナですが、絶好枠ですね。

この枠に入った以上やることは逃げの一手、これだけです。

 

次に2枠4番ダイワクンナナですが、この馬も好枠。

母ダイワスカーレットと同様、新馬戦では先行策で圧勝。

今回も同じ競馬をするなら良い位置に付けられそう。

 

最後に5枠10番シャインガーネット、6枠11番アヌラーダプラの2頭ですが両馬とも差しタイプ。

単純に脚質的な配置は問題無さそうですが、このレースの傾向では中枠の成績がイマイチ。

特に9~12番ゲートの複勝率は過去5年でたったの5%という結果。

データ的には嫌な材料です。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

 

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬5枠10番 シャインガーネット (馬連 500円 ワイド 1000円)

◎穴本命馬1枠1番 スマイルカナ (馬連 500円)

 

枠順は微妙だが、対抗馬筆頭は鞍上マーフィー騎手のシャインガーネット。

スマイルカナも同じなのだが、血統傾向の記事でも書いた特注傾向とも言える父サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系

この血統パターンは過去5年で複勝率で63,6%という数字です。

 

対抗2番手は妙味も含め、絶好枠に入ったスマイルカナ。

他にも前で競馬がしたい馬も多そうだが、ペースが上がったとしてもこういう馬は先手さえ取れれば残り目は十分ありそう。

このレースの逃げ馬は勝率・複勝率が共に高く、最内の逃げ馬となれば狙ってみたい。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

シャインガーネットやスマイルカナと同じくこの馬も特注血統の父サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系。

更にデータ推奨馬の記事でも推した馬であり、前走はスマイルカナには先着、シャインガーネットとはコンマ1秒差負け。

血統・データ・実績の全てで穴馬として狙える要素はあると思います。