ファンタジーステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はファンタジーステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1400m戦。

今回は頭数もかなり揃って回避馬が出なければフルゲートのレースとなります。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見るとパッと見て好走馬が多いのは10番ゲート以内。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関しては12番ゲート以内までが許容範囲。

16番ゲートで1頭出現していますが、外枠は厳しそうです。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~12番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると断然逃げ・先行馬有利です。

ですが勝ち馬は差し・追い込みからでも5勝挙げています。

ただ、こちらも京王杯2歳ステークスと同様で2歳戦の脚質判断は難しい。

やはり参考程度に留めておいた方が良さそうです。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク・濃いピンク(ヘイルトゥリーズン系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にヘイルトゥリーズン系です。

ミスプロ系・ノーザンダンサー系も皆無ではないが、父にヘイルトゥリーズン系が圧倒的に強いレースです。

ただ該当馬が多いので今回は非該当馬を載せます。

今回該当馬

 

アポロニケ
エールヴィオレ
エレナアヴァンティ
ペコリーノロマーノ
モズアーントモー
ヤマカツマーメイド

 

以上6頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走は減量騎手ではあったが、新馬戦で完勝。

鞍上の影響か、今回は大穴扱いになっているが、追い切りでも古馬3勝クラスと互角に渡り合っている。

未知なる魅力のある1戦1勝馬だからこそ、先物買いで狙ってみたい。