ファンタジーステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はファンタジーステークス2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1400m戦です。

現時点で登録馬は11頭です。

少頭数で荒れる見込みは薄そうですが、望みは捨てません。

 


まず枠順傾向です。

過去10年で11頭立て以下のレースは1度もありません。

今回は都数制限無しで調べてみました。

 

 

これを見ると、10番ゲートまでの複勝率が良いです。

今回登録馬が11頭ということを考えると有利不利は考えなくても良いかなと思います。

 

今度はコースデータを調べてみます。

同競馬場の連続開催なので条件も近い2008年以降の2歳戦限定11月開催開幕1~2日目で検索しました。

ファンタジーステークスのデータは重複しないように除外してあります。

 

 

これを見ると14番ゲート以降から複勝率が10%台に落ちてきています。

 

レースデータとコースデータ的には少頭数で影響が少なさそうです。

今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

対象は過去10年のデータです。

 

 

とにかく前です。

完全に逃げ・先行有利です。

ただ脚質の定まらない2歳戦で判断が難しいですが、多分逃げるのは3戦連続逃げている

 

ヴァニラアイス

 

この馬ではないでしょうか?

ヒモの1頭には入れておいても良いでしょう。

 


最後に血統傾向です。

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクトorノーザンダンサー系又は母父にヘイルトゥリーズン系・ナスルーラ系です。

ちょっと傾向的に多くなってしまいましたが今回の該当馬は

 

カシノティーダ
ココフィーユ
ダノンファンタジー
ベルスール
レーヴドカナロア
レッドベレーザ
ヴァニラアイス

 

以上7頭です。

11頭中7頭もいては傾向にはなりませんかね(;^_^A

ここから絞るなら戦績的にカシノティーダは消しでしょう。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

血統傾向にも合致しているが、魅力は近親馬の活躍。

全兄は重賞馬券圏内多数のベルルミエール、種違いのウゼットジョリーは重賞勝ち馬。

2歳戦は血統だけで何とかなる時期。

それで現状想定オッズ5番人気以下なら買いでしょう。