ファルコンステークス2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

今回はファルコンステークス2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

 

このレースは中京競馬場で行われる芝1400m戦。

昨年こそ堅かったが、基本的に荒れるレース。

今年も面白い穴馬を探していきたいと思います。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

今回は登録馬が多すぎるので、想定オッズ100倍以下の馬だけ載せました。

 

 


まず枠順傾向です。

距離変更された2012年以降のデータとなります。

過去8年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると10番ゲートまでコンスタントに好走馬が続いています。

内枠有利な傾向があります。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去8年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関しては明確に差が出ています。

10番ゲート以降から穴馬は出ていない。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去8年の傾向は以下の通りです。

 

 

とにかく逃げ馬の成績が悪いですね。

複勝率では断然先行馬。

逆に勝ち数では差し・追い込みが過去8年で6勝しています。

頭狙いなら後方馬、圏内狙いなら先行馬という狙い方が良いかもしれません。

あとは枠順確定してから考えていきたいと思います。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ノーザンダンサー系

 

又は

 

・グレイソブリン内包馬

 

 

です。

父ノーザンダンサー系の活躍が顕著であり、グレイソブリン持ちも好走傾向にあります。

 

今回該当馬

 

エーポス
コスモリモーネ
ゼンノジャスタ
トリプルエース
ドゥーベ
パフェムリ
ビアンフェ
ライチェフェイス
ラウダシオン

 

以上9頭です。

青字の4頭は抽選対象馬となります。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

好走傾向にあるグレイソブリン内包馬。

過去にはアブソルティスモやラウダシオンとも差の無い競馬をした実績もある。

鞍上も今回はかなり強化され、この人気なら狙ってみる価値はありそうです。