ファルコンステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はファルコンステークス2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

 

枠順傾向の記事では1~9番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠5番トリプルエース5枠9番アブソルティスモですが、過去の走りを見ると先行でも差しでも競馬ができる自在タイプ。

両馬とも内過ぎず、外過ぎずの枠で問題ないでしょう。

 

次に5枠10番ラウダシオンですが、前走こそ逃げたものの、基本は差しタイプ。

少なくとも今回はミドルペース以上は濃厚。

武騎手なら無理に付き合うこともなく、中枠から良い位置をキープできると思います。

 

最後に7枠13番ビアンフェですが、今回かなり流れる展開が予想される。

逃げ馬なので、内枠がベストだった。

外枠は痛いですね。

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬3枠5番 トリプルエース (馬連 1000円)

◎穴本命馬5枠10番 ラウダシオン (馬連 1000円)

 

まずは好枠に入ったトリプルエース。

距離短縮は好材料で流れに合った位置を取れる自在性は強み。

 

次にラウダシオンですが、重賞3着でOP2勝という実績はこのメンバーでは随一。

枠順も極端な外寄りでもないので評価します。

 

アブソルティスモは過去記事で書いた血統推奨にもデータ推奨にも当てはまらなかったので消し。

ビアンフェは展開と枠が厳しすぎるので消しました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

非根幹距離の1400mで3戦3圏内で、その3戦は全て左回り。

更に前走からの鞍上強化も心強い。

前走は現在3番人気のアブソルティスモにも先着しているし、ここはチャンスでしょう。