デイリー杯2歳ステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はデイリー杯2歳ステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1600m戦。

比較的堅い重賞で昨年こそ5番人気以下が2頭も来たが、例年は1頭来るかどうかという堅いレース。

今年は登録馬が14頭いるので、そこに期待しつつ穴馬を探したいと思います。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると内外満遍なく好走馬が出現しています。

特に有利不利は無いように見えます。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関しては過去10年で13番ゲート以降に穴馬が入ったことが無いので、12番ゲートまでしかデータはありません。

データ不足ですが、一応11番ゲート以降からは穴馬は出ていない。

 

判断が難しいところですが、上記のデータを考慮して今回の結論は

 

11番ゲート以降不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると圧倒的逃げ馬有利です。

ただ先行~差し馬くらいまでは許容範囲でしょう。

逃げ馬に関してですが、一応前走逃げているのはコルテジアとサクセッションです。

ただサクセッションは素質馬で今後のことも考えると競馬を覚えさせると思う。

そうなると逃げるのはコルテジアで決まり?という簡単な話でも無いでしょう。

2歳戦なので脚質はこれからいくらでも変わってくる。

このデータは参考程度で留めておくのが無難だと思います。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクト・ダイワメジャー・ノーザンダンサー系又は父or母父にキングカメハメハです。

キングカメハメハに関してはサンプル数が少ないですが、複勝率が非常に高いです。

 

今回の該当馬は

 

インザムード
サクセッション
トリプルエース
ペールエール
ライティア
レッドベルジュール

 

以上6頭です。

6頭中5頭までが想定1~5番人気の馬。

傾向通りになるなら、今年も荒れる見込みは低そうです(-_-;)

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走は低評価だったが、先行抜けだしで上り最速。

新馬勝ちでまだ底は見せていない。

血統的にも距離短縮は好材料で、配当的にも妙味ある穴馬だと思います。