デイリー杯2歳ステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はデイリー杯2歳ステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では11番ゲート以降不利と判断しています。

ただ回避馬が出て11頭立てとなりあまり意味がないです(;^_^A

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

1枠1番レッドベルジュール・3枠3番ペールエール・4枠4番サクセッションの3頭は先行抜け出しで勝ち上がってきた馬。

内枠配置で特に問題無いでしょう。

 

次に7枠8番ライティアですが、前走はディープ産駒らしい切れ味で快勝。

脚質的に外枠に入ったのは良いと思います。

 

少頭数なのであまり有利不利は考えなくても良いと思いますが、とりあえず一番自分の競馬が出来そうな7枠8番ライティアは好枠かなと思います。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬①〇4枠4番 サクセッション (馬連・ワイド 各500円)

◎穴本命馬②-〇4枠4番 サクセッション (馬連・ワイド 各500円)

 

対抗馬はシンハライトの妹ライティアと迷いましたが、ここはマーフィー騎手を信頼してサクセッションで勝負です。

関東馬と言うのが唯一の不安ですが、素質的にも全兄に重賞馬クルーガーがいることもありマイルはベストでしょう。

 

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

穴本命馬①

前走は先行勢が沈む中で、この馬だけが先行抜け出し上り2位の脚を使って完勝。

鞍上がやや不安だが、1戦1勝馬の未知なる能力に期待します。

 

穴本命馬②

現在のオッズが思った以上に低評価で、能力と妙味のバランスが取れているこの馬を挙げます。

前走(2着)の3着馬はOP勝利、4着馬は500万勝ち、6着馬はOP2着という成績。

課題は400mの距離延長だが、能力自体は十分重賞級だと思う。