チューリップ賞2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

今回はチューリップ賞2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

 

このレースは阪神競馬場で行われる芝1600m戦。

3戦3勝のG1馬レシステンシアの登場です。

オッズ的には一本被りになっていますが、他にも面白そうな馬もいるのでスンナリ決まるかどうか?

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると内から外まで満遍なく好走馬が出現しています。

特に有利不利は感じられません。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関してはやや内枠が有利とも言えそうだが、外枠もソコソコ好走馬は出ている。

ただ中枠の成績はイマイチかなという気もします。

ですが判断材料としては微妙ですね。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

追い込み馬の複勝率が若干落ちる程度でどこからでも好走馬は出ている。

こういう時は純粋に展開だけで考えた方が良いかもしれない。

ただ差し・追い込みで7勝しているので、その点は注意しておきたい。

特に2015年以降から後方勢が勢いを増していて、過去5年で見ると圏内馬15頭中14頭が前走上がり3位以内というデータがある。

今回のメンバーをみるとかなり先行型が揃った。

多分逃げるのはスマイルカナでレシステンシアも2~3番手には付けそう。

ペースはある程度流れそうで、今回は差し・追い込み馬の出番ではないでしょうか。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ディープインパクト

・ダイワメジャ

・ステイゴールド系

 

又は

 

父×母父に

・父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系

 

です。

 

今回該当馬

 

ウーマンズハート
ギルデッドミラー
クラヴァシュドール
スマイルカナピー
エムピンコ
レシステンシア

 

以上6頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走は前残りの展開だったとはいえ、クラヴァシュドールとウーマンズハートに先着。

2走前もG3連続2着のマジックキャッスルに勝利。

それで本当にここまで低評価とは思えないが、あくまで現時点の想定人気通りだったらこの馬で勝負したい。