チューリップ賞2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はチューリップ賞2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

現時点の単勝オッズ3番人気はスマイルカナですが、これは逃げ馬という理由で単勝のみが売れている。

実質的には5番人気であると思われる。

その代わり総合オッズで考えると、マルターズディオサが4番人気以内と考えます。

ここではクラヴァシュドール・レシステンシア・ウーマンズハート・マルターズディオサを上位4番人気以内として扱います。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番クラヴァシュドールですが、上り勝負の馬で最内枠というのはマイナスですね。

この枠に入った以上前目で競馬をしないと危ないかもしれません。

 

次に3枠4番レシステンシアですが、絶好枠ですね。

配置以上に6枠10番スマイルカナより内に入ったことが大きい。

これで逃げるも控えるも作戦が組み立てやすくなった。

 

次に5枠7番ウーマンズハートですが、前走は差し競馬から一変して、同コースで内枠先行策。

今回は中枠配置なので通常通り差し競馬をするのでは?

配置は問題無いでしょう。

 

最後に8枠13番マルターズディオサですが、先行するにはちょっと外寄り過ぎますね。

せめて中枠くらいは欲しかったですね。

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬1枠1番 クラヴァシュドール (馬連 1000円)

◎穴本命馬3枠4番 レシステンシア (馬連 1000円)

 

枠順で一番良いのはウーマンズハートだと思うのですが、能力的には阪神ジュベナイル1・2着馬が頭一つ抜けているのではないか?

 

対抗馬1頭目クラヴァシュドールは枠順的にマイナスではあるが、朝日杯優勝のサリオスと2走前にコンマ2秒差の2着という実力馬。

とにかく決め手が素晴らしく、上り勝負ならサリオスと互角という実力を買います。

 

対抗馬2頭目レシステンシアは今回展開的に厳しい流れになる可能性もある。

だが前走は恵まれたこともあるが、その前走の圧勝劇は軽視できない。

無敗のG1馬を無印にすることはできない。

 

3頭目ならウーマンズハートだが、回収率重視で今回は消します。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

今回はスマイルカナが何が何でも逃げるのでは?

そこにレシステンシアがどう絡んでいくかが展開の焦点。

他にも先行したそうな馬が多く、少なくともミドルペース以上になるでしょう。

そこで穴で狙うなら決め手勝負の馬だと思います。

決め手はクラヴァシュドールには及ばないだろうが、この馬も2戦連続上り1位を繰り出している。

枠順も極端な内枠に入ることも無く、出来ればもう少し外寄りが良かったが力は発揮できそう。

前走も本命にしてお世話になった穴馬なのでもう一度期待します。