チューリップ賞2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はチューリップ賞2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

断然人気の1枠1番ダノンファンタジーは極端な枠に入りましたね。

これで内枠で包まれて出れないという可能性も出てきた。

ただ、脚質に幅もあるのでこの枠に入った以上ある程度前目に付けるでしょうし‥

やはりどう考えても堅軸でしょう。

そして5枠6番シェーングランツですが、欲を言えばもう少し外目でも良かったかな。

ズブいタイプに見えるので外枠で伸び伸び走れた方が良かったような気がします。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭の1点勝負です。

 

(対抗馬)

1枠1番 ダノンファンタジー(2000円)

(抑え馬)

今回は無しです

 

配当が低いのがネックですがダノンファンタジーしか考えられません。

配当を考えるならシェーングランツですが、なんとなく危険な人気馬の予感がするので冒険しません。

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

前走レースレベルは決して低くない。

馬群に揉まれても猛然と追いこんでくるあの脚は魅力がある。

そして過去記事で書いた血統傾向とデータ傾向でも合致する。