チャンピオンズカップ2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はチャンピオンズカップ2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは中京競馬場で行われるダート1800m戦。

過去5年で毎年必ず8番人気以下の穴馬が突っ込んで来ていますが、今年は上位5頭がかなり強力。

さすがに今年は波乱はないと思いつつも狙っていきます。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

中京開催のチャンピオンズカップとなってからの過去5年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると内も外も絡んでいますが、14番ゲート以降からは馬券内無しです。

あまり外過ぎるのは良くないかもしれません。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見るとこちらも同じですね。

外枠でも良いが、あまり外過ぎるのは割引ですね。

 

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~12番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると基本的には先行馬の成績が良い。

ただ追い込み馬も2勝している点は注目です。

ダート戦で追い込み馬を買うというリスクはかなり高いが、このレースではそこまでではない。

 

ペースもあるでしょうが、それでも2014年以外は毎年後方から突っ込んでくる馬はいる。

しかも毎年穴をあけるのは後方からの馬というのは気にしておきたいデータです。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向はヴァイスリージェント内包馬又は母父サンデーサイレンス系です。

まずは過去5年で母父サンデーサイレンス系の馬の複勝率が35%を超えています。

そしてもう一つはノーザンダンサー系の流れを組むヴァイスリージェント内包馬の活躍が顕著です。

過去5年で5番人気以下馬が絡んだ頭数は計8頭でその内6頭がヴァイスリージェント内包馬でした。

 

今回の該当馬は

 

アナザートゥルース
ウェスタールンド
オメガパフューム
キングズガード
ゴールドドリーム
サトノティターン
チュウワウィザード
テーオーエナジー
ミツバ
メイショウワザシ
ロンドンタウン
ワイドファラオ
ヴェンジェンス

 

以上13頭です。

かなり頭数が多くなってしまいましたが、ヴァイスリージェント内包馬である赤字の馬は要注意です。

 

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

外人騎手を配したヴァイスリージェント内包馬。

前走は長期休養明けにもかかわらず好走。

G1実績もありひと叩きした今回は更に前進が見込める。