チャンピオンズカップ2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はチャンピオンズカップ2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~12番ゲート有利と判断しています。

現時点のオッズは5強対決というオッズ構成。

通常は上位4頭で見ているのですが、今回は上位人気馬5頭の配置を見てみます。

 

まずは3枠5番クリソベリルですが、この枠はかなり悪い。

川田騎手は常にこの馬を外へ外へと誘導している。

2戦目の時は1番ゲートにもかかわらず大外へ誘導している。

今回は中央の一級戦の古馬との対決。

今までのようにはいかないかもしれない。

 

次に2枠4番インティですが、文句なし絶好枠。

同型と言えば8枠のロンドンタウンくらいで、この枠なら久しぶりに自分の競馬が出来るでしょう。

 

次に2枠3番チュウワウィザードですが、良い枠に入りました。

内枠先行という理想的な競馬が出来るでしょう。

 

次に3枠6番オメガパフュームですが、極端な内枠でなく程良い配置でしょう。

差し・追い込みタイプの馬だが内枠で好成績を上げているので問題なし。

 

最後に6枠11番ゴールドドリームですが、もう少し内寄りでも良かったかもしれないが、先行・差しと操作性が高い。

この枠でも特に問題は無いでしょう。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びますが、今回は5強オッズとなっているので上位5頭から選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬(A)〇6枠11番 ゴールドドリーム (馬連 500円・ワイド 500円)

◎穴本命馬(B)-〇6枠11番 ゴールドドリーム (馬連 500円・ワイド 500円)

 

まずチュウワウィザードは川田騎手がクリソベリルを選んだ時点で消し。

そのクリソベリルは最悪の内枠に入った時点で消し。

オメガパフュームは能力的にチュウワウィザードと五分という時点で疑問。

残るはインティとゴールドドリームです。

近2走で精神的にプッツンしていなければ絶好枠のインティの快勝もあり得るが、そこは半信半疑。

やはり総合的に考えるとゴールドドリームが馬券内に来る確率はかなり高いのではないかと判断しました。

今回は前走のぬるい仕上げとは全く違うので、対抗馬はこの馬1頭に絞りました。

 

対抗馬が1頭に絞れたので穴馬は2頭で攻めます。

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

穴本命馬(A)

内過ぎず外過ぎず理想的な配置。

前走は半年ぶりの休み明けにもかかわらず、その能力を示した。

鞍上も継続騎乗の外人騎手で狙う価値は十分にある。

 

穴本命馬(B)

ヴェンジェンスを狙おうと思っていたが痛恨の大外枠。

そこで今回は別の馬で勝負。

前走はハンデ戦でトップハンデながら覚醒したような圧勝劇。

その勝利がOPクラスというのは正直不安はあるが、今回の鞍上はかなり強化されたと思う。

5強オッズの影響でこれだけの一流騎手が騎乗しても人気は大してない。

実力的にギリギリのラインかもしれないが、この鞍上ならという期待感はある。