ダービー卿チャレンジトロフィー2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はダービー卿チャレンジトロフィー2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~10番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠3番ジャンダルム2枠4番クルーガーですが、絶好枠でしょう。

ペース次第ではあるが、内枠有利の先行馬と言う条件はピッタリ。

 

次に1枠2番ストーミーシーですが、前走同コースで長年の追い込み脚質から一変して先行策で勝利。

今回も前走と同じ同枠同番で問題ないでしょう。

 

最後に4枠7番プリモシーンですが、絶好枠でしょう。

極端な内でもなく外でもなく、この馬の脚を活かせる良い配置だと思います。

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◉穴本命馬(C)4枠7番 プリモシーン (馬連 1000円)

◉穴本命馬(D)-〇4枠7番 プリモシーン (馬連 1000円)

 

最大の敵はマイスタイルと思っていたが、痛恨の大外枠。

そうなるとプリモシーンは牝馬で実質トップハンデではあるが、このメンバーでは頭一つリードしていると思う。

他の人気馬はもう内枠という理由だけで売れている感じ。

 

最後に穴馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

穴馬だと思っていた馬が、全て上位人気馬になってしまった。

とにかく内枠から売れている。

今回は止むを得ず、純粋に狙いたい馬で勝負します。

 

馬体重重視です。

520キロを超える馬はとにかく好走するレースで今回該当馬は2頭だけ。

(C)

前走は一変した先行策で勝利。

今回も絶好枠で、同コースの相性抜群。

(D)

この馬も絶好枠。

前走の走りを見ても衰え無し。