ダービー卿チャレンジトロフィー2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はダービー卿チャレンジトロフィー2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝1600m戦。

唯一の牝馬プリモシーンが1番人気想定です。

ただハンデが56キロで実質トップハンデ。

はたしてスンナリこの馬で決まるでしょうか?

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

改修工事後の過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると、先行馬と差しが優勢です。

追い込み馬も成績は悪いですが1勝しているので、展開次第では後方勢が有利になることもありそうです。

展開は逃げるのはトーラスジェミニでしょう。

その他先行馬は4~5頭はいそうでペース的には落ち着くことは無さそうだが、除外等の関係もありそうなので、出走馬確定までははっきり言えないですね。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父or母父に

・ノーザンダンサー系

 

又は

 

母父に

・ロベルト系

 

又は

・ダンチヒ内包馬

 

です。

 

近3年はダンチヒ内包馬の活躍が顕著です。

マイスタイルのように父or母父にノーザンダンサー系を持っていないダンチヒ内包馬も来ています。

 

今回の該当馬

 

イレイション
エメラルファイト
カツジ
ケイアイノーテック
ジャンダルム
ストーミーシー
ナインテイルズ
ブラックムーン
プリモシーン
マイスタイル
レイエンダ

 

以上11頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

2011年を除く過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 4~5際
②前走OP以下出走馬は2着以内且つ3番人気内

又は前走重賞出走馬は6番人気以内

 

以上になります。

過去10年(開催数9回)で4番人気以内馬のどれかが来た年は9回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去9回中8回です。

 

今回の想定1~4番人気馬で上記の条件に該当する馬は

 

プリモシーン

 

この1頭です。

 

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走同コースで長年の追い込み脚質から一変して先行策で勝利。

今回も先行とまでは行かなくても中団くらいで構えてくれると理想的。

2年前には同レースで3着に入った実績もありコース適正は十分。

傾向的にはやや高齢だが、前走の勢いに期待したいです。