ダービー卿チャレンジトロフィー2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はダービー卿チャレンジトロフィー2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~10番ゲート有利と判断しています。

ただ1・2番ゲートは微妙です。

コース形態的にスタートして間もなくコーナーに差し掛かるので、物理的に外枠が不利な傾向があり、内枠有利であるが1・2番ゲートの成績は落ちる。

多分内枠に早めに馬が密集するため、最内枠は被されやすいのだと思います。

 

上位人気4頭はフィアーノロマーノ・ドーヴァー・ギベオン・プリモシーンです。

ギベオンは最終的には4番人気以内になると想定しています。

各人気馬の配置を見ると、6枠12番プリモシーンは外枠に入ってしまった。

差し馬なので下手に最内枠に入るよりはマシだが、出来ればもう少し内寄りが良かったでしょう。

1枠2番フィアーノロマーノはやや怪しい配置だが基本的には3番手辺りで競馬をする馬でスタートさえまともに決めれば不利にはならないはず。

2枠4番ドーヴァーは差し馬で理想を言えば中枠辺りが良かったかな。

3枠5番ギベオンは特に問題ない枠順でしょう。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬2頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

3枠5番 ギベオン(1000円)

1枠2番 フィアーノロマーノ(1000円)

(抑え馬)

今回は無しです

 

まずギベオンですがここまで人気が無いのは驚きです。

多分トップハンデ57,5キロと蛯名騎手?が原因でしょうか。

このレースは58キロでもなく57キロでもなく何故かハンデ57,5キロを背負った馬は非常に好成績。

そして前走のメンバーと実績を考えたら、逆にこの人気なら買いです。

 

フィアーノロマーノは当初穴本命筆頭だったのに、こんなに人気になるとは思わなかった。

ですが上位4頭の中で外枠で牝馬のプリモシーンや6歳馬で人気馬を飛ばしまくっている田邊騎手のドーヴァーよりこの馬の方がマイナス要素が少ない。

そして前走1600万クラスから参戦した馬が好成績を挙げているレースでもあるのでこの馬にしました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

穴本命予定のジョーストリクトリが1枠に入った。

コース形態的に悪くないはずなんですが、やはり1枠と鞍上柴田善臣騎手に不安を感じたので止めました。

今回狙う馬は良績が1~3月に偏っている馬で昨年もこのコースでは激走しています。

ちなみに1月~4月の中山芝1600mの成績は5戦パーフェクト馬券内

今回は人気もあまりないですし、狙ってみる価値は十分あります。