ダービー卿チャレンジトロフィー2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はダービー卿チャレンジトロフィー2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝1600m戦です。

一応ギベオンが1番人気想定ですが、堅軸と呼べる程でもない。

プリモシーンも牝馬ですし、前走は人気を裏切っての惨敗。

難しいレースになりそうです。

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると馬券内に絡んできているのは10番ゲート以内が大半です。

外枠はやや割引かと思います。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で2015年以降の傾向は以下の通りです。

 

 

過去4年で5番人気以下の穴馬は5頭ですが、その内3頭が3・4番ゲートに集まってます。

次いで離れて10番ゲートに1頭、さらに離れて15番ゲートに1頭です。

ピンポイントで狙うなら3・4番ゲートでしょうが、それではあまりに範囲が狭すぎて微妙なところです。

 

少し悩みましたが、全体傾向も考慮して今回の結論は

 

1~10番ゲートまで有利

 

と判断します。

ただ1番・2番ゲートは微妙ですね。


次に脚質傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると逃げ馬は全滅ですが、先行と差しはほぼ互角。

小回りの中山だからと言って一概に先行有利と決めつけない方が良いでしょう。

ただ、今回の想定上位人気馬で脚質的に前目に付けそうなのはギベオンだけ

内枠に入ったらそれなりに重視したいですね。

ただ鞍上蛯名騎手というのが引っかかります‥‥

もはや衰退期に入っている感があるので心配です。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去4年の活躍馬の傾向は父or母父にノーザンダンサー系又は母父にロベルト系です。

中山のタフな馬場にはこういう血統が合っているのでしょう。

ちなみに今回は母父にロベルト系はいませんでした。

 

今回の該当馬は

 

エイシンティンクル
カツジ
キャプテンペリー
ギベオン
ジョーストリクトリ
ストーミーシー
ハクサンルドルフ
ヒーズインラブ
フィアーノロマーノ
プリモシーン
マルターズアポジー
ヤングマンパワー
ロードクエスト

 

以上13頭です。

結構該当馬がいました(-_-;)

ただハンデ重賞とは言えこのレースは9番人気以内での決着が多い。

想定オッズで9番人気以内馬は青字の5頭だけ。

絞るならこの5頭でしょう。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

この馬の強調材料は血統と今回の鞍上、そしてこのレースは格上げの馬が非常に強いこと。

ただ穴人気しそうなので、そこが心配。