ダイヤモンドステークス2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんにちは、ワイド師です。

今回はダイヤモンドステークス2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝3400m戦。

今年は久しぶりにフルゲートは確実。

メンバー的にも混戦模様で面白いレースになりそうです。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

想定オッズではアドマイヤジャスタが3番人気となっていますが、個人的な見解としてはアドマイヤジャスタは5番人気以下で、ポポカテペトルが4番人気以内と想定しています。

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると多頭数でも内外で大きな差は見られない。

フラット言えそう。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

穴馬に関しては傾向が違います。

内枠に穴馬が密集しています。

全体傾向とは食い違いが出てしまいました。

 

今回はちょっと悩みましたが、上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~8番ゲート有利

 

と判断します。

実力馬は距離ロスがある外枠でも勝負になるが、実力のない低人気馬は長距離戦なので少しでも距離ロスの少ない内枠が良いのではないでしょうか。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

勝ち数では差し追い込みで7勝しているが、複勝率では逃げ・先行・差し馬は互角。

そして注目は上り1位の成績が80%超えです。

これは差し追い込みで7勝という数字と関係している。

ただ馬券に絡んだ上り1位10頭中9頭が当日2番人気以内で、残る1頭は3番人気でした。

そうなると上位3番人気以内で上り1位を最も繰り出せそうな馬を選ぶことが軸馬選びに最適かもしれません。

そしてタイセイトレイルとタガノディアマンテは近走の走りを見るといかにもそういうタイプの2頭。

軸選びならこの2択でしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・長距離型サンデー系グレイソブリン内包馬

・ミスプロ系グレイソブリン内包馬

・ロベルト系グレイソブリン内包馬

 

です。

父でみるとノーザンダンサー系とナスルーラ系は皆無。

ただ今回の登録馬にほとんどノーザンダンサー系やナスルーラ系はいない。

差別化ができないので注目したのはグレイソブリンの血。

ハーツクライ産駒のフェイムゲーム以外にもこのレースはグレイソブリン内包馬がよく走る。

 

今回該当馬

 

タイセイトレイル
タガノディアマンテ
ノチェブランカ
ロサグラウカ

 

以上4頭です。

除外候補順3番手以下の馬は対象に入れてません。

ちなみにノチェブランカは除外対象で、ロサグラウカは長距離では明らかに不利な牝馬。

そう考えると、想定1、2番人気の2頭しか残りませんでした。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

G3レベルのステイヤー相手なら、母メイショウベルーガの適性から考えても距離適性は十分ある。

前走はそれを証明した走りを披露。

明らかにズブい馬なので、直線の長い東京コースも向いているのではないでしょうか。