ダイヤモンドステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はダイヤモンドステークス2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

現時点ではメイショウテンゲンが4番人気でタイセイトレイルが5番人気ですが、最終的にはタイセイトレイルが4番人気以内でメイショウテンゲンが5番人気以下と判断して予想していきます。

 

枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番オセアグレイトですが、先行馬で最内枠というのはベスト。

終始ロスなくレースを運べるでしょう。

 

次に3枠6番レノヴァールですが、前走はあり得ない位置からの追い込み3着でその前は先行策。

今回どのような競馬をするか分からないが、この配置なら特に問題無いでしょう。

 

次に4枠7番タガノディアマンテですが、この馬は追い込むかマクるかという競馬。

極端な内枠でもないので問題無いでしょう。

 

最後に6枠11番タイセイトレイルですが、この馬は差し・追い込みタイプ。

好枠と判断している枠からは外れたが、脚質的に特に割引く必要も無いでしょう。

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬4枠7番 タガノディアマンテ (馬連 500円・ワイド 1000円)

◎穴本命馬6枠11番 タイセイトレイル (馬連 500円)

 

まず対抗馬筆頭はタガノディアマンテ。

菊花賞7着で前走の万葉ステークスは圧勝。

このメンバーに入れば距離適性は1・2を争う。

そして何より上り勝負の傾向が強いこのレースにおいて脚質的に嵌りそう。

 

対抗馬2番手はタイセイトレイル。

この馬を推した理由はタガノディアマンテと同じく脚質から。

近3走の走りから見ると、実績も加味して上り勝負なら勝ち負けできると思う。

 

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

穴本命で勝負しようと思っていたレノヴァールがなんと現在3番人気。

これではまったく妙味が無い。

次いで狙っていたメイショウテンゲンは買いたくなかった外枠配置へ。

そこで今回は新たな穴馬で勝負です。

想像以上に評価が低い。

東京コースが走らないという理由か?

ただ距離適性という点ではこの馬もタガノディアマンテには劣らない。

3000m以上は1戦しかしていないが、他馬とは格が違うレースでのもの。

鞍上もこのレースでは2勝挙げていて、コースは十分熟知している。

この人気なら狙うしかないでしょう。