ターコイズステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はターコイズステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝1600m戦。

とにかく荒れるハンデ重賞でまともに考えて予想したら当てられない。

二桁人気馬でも狙っていけるレースなので、穴党には面白いレースです。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事があった2014年以降の過去5年の結果は以下の通りです。

OP時代も含みます。

 

 

複勝率で見ると5番ゲートを除けば1~10番ゲート内で平均的に好走馬が出ている。

ただ外枠もまずまずの成績なので判断は微妙なところ。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬も比較的内枠から出ているが、全体傾向も含め外枠からの好走馬は全て穴馬である。

コース形態から考えて内枠が有利とされるコースだが、このレースに限り外枠だからと言って無理に嫌う必要は無さそう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると圧倒的逃げ馬有利です。

ただ差し・追い込み馬もなかなか好走しているので、コース形態だけを考えて前に張るというのは危険。

今回は上位人気馬のコントラチェックが持ち味を活かすなら逃げたいはず。

更にトロワゼトワルは前走初の逃げで世界レコード勝ちという勝ち方をした。

今回どういう競馬をするかは曲者横山典ジョッキーで謎な部分は多いが、少なくともペースが落ち着くということは無さそう。

更に先行馬もそれなりに揃っているので、そこ辺りを考えても前目にだけ重点を置くという考えは捨てたい。

そうなると上位人気馬の中では末脚勝負のシゲルピンクダイヤは一番展開が向きそうだと思います。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ダイワメジャー

メイショウサムソン

ハーツクライ

キングカメハメハ

ロードカナロア

 

父or母父に

・ロベルト

 

以上です。

近4年は母父ロベルトが4連勝という快進撃。

今回はエスポワールとクリノアリエルがこれに該当します。

あとロードカナロア産駒はキングカメハメハ産駒の活躍から考えて、同じキングマンボ系という捉え方で挙げました。

 

今回の該当馬は

 

アマルフィコースト
ウインシャトレーヌ
エスポワール
クリノアリエル
シゲルピンクダイヤ
デンコウアンジュ
トロワゼトワル
フロンテアクイーン
ブランノワール
メイショウグロッケ
メイショウショウブ
リバティハイツ

 

以上12頭です。

ちょっと頭数が多くなってしまいました(;^_^A

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

荒れるレースなので思い切ってこの馬を挙げます。

父は好走血統のメイショウサムソン産駒。

今回は流れそうなので、この馬の脚質が合うかどうかは微妙だが、2連勝中でもあり前走のメンバーを考えれば圏内は十分考えられると思います。