ターコイズステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はターコイズステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

ただ、過去傾向で外枠からも穴馬が馬券内に食い込んでいるという意味で枠順有利不利無しとしたが、ベストは10番ゲート以内かもしれません。

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

まずは4枠8番エスポワールですが、先行馬なので内枠が理想。

極端な外枠でもないので及第点でしょう。

 

次に7枠13番コントラチェックですが、できれば逃げたいはす。

この配置は明らかにマイナスだか、救いはトロワゼトワルが16番ゲートに入ったので、逃げの手を打てる可能性は高まった。

 

次に4枠7番シゲルピンクダイヤですが、このレースは過去に内枠の差し馬もかなり好走している。

配置的にはベストでしょう。

 

最後に8枠16番トロワゼトワルですが、前走の大逃げで快勝したことから考えるとこの枠は痛い。

コントラチェックより前に行くにはこの配置では厳しい。

行けたとしても、序盤で体力の消耗が激しそう。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬(A)〇4枠7番 シゲルピンクダイヤ (馬連 500円・ワイド 500円)

◎穴本命馬(B)-〇4枠7番 シゲルピンクダイヤ (馬連 500円・ワイド 500円)

 

今回はコントラチェックとトロワゼトワルトワルの逃げ争いが予想されるうえに、先行馬多数。

展開的にシゲルピンクダイヤに展開利があると予想します。

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

穴本命(A)

展開的には差し馬有利と判断するが、どう考えても絶好枠を引いた。

他にも行きたそうな馬がいるので、今回は少し控えての4~6番手辺りからのIN差しという競馬が出来れば、チャンスはあるのではないか。

 

穴本命(B)

ちょっと外過ぎる気もするが、このレースは外枠でも穴馬がよく絡む。

決して上り勝負に弱い馬という訳でもないので、この枠に入った以上今回はどっしり構えて末脚勝負に徹して欲しい。

今回はペース的にも流れそうなので、鞍上の手腕込みでこの馬の末脚に期待したい。