セントライト記念2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はセントライト記念2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝2200m戦。

比較的堅いレースで上位人気馬独占という年も過去10年で複数回あるレースです。

ただ今年の上位勢は信頼の置ける馬がいません。

波乱を期待して予想したいと思います。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

4番人気が微妙ですが、ランフォザローゼスを4番人気想定として考えています。

 


まず枠順傾向です。

2014年に改修工事があったのでデータはそれ以降からの4年分になります。

結果は以下の通りです。

 

 

過去4年で16頭立て以上のレースはありませんでした。

複勝率で見ると内から外まで満遍なく好走馬が出現しています。

ただ2番ゲートと4番ゲートに好走馬が多く出現しているので、内枠有利か?

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去4年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬が4頭しかいないので微妙ですが、内から3頭で外から1頭です。

内枠有利と言っていいのか?

ただ外からも出現しているし‥

 

難しい判断ですが上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

決め打ちするなら1枠2枠というのもアリかもしれません。

 


次に脚質傾向です。

改修工事後の過去4年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると圧倒的に逃げ・先行馬有利です。

今回の上位人気馬で確実に前で競馬をするであろうリオンリオンは脚質的にはかなり有利です。

鞍上の横山騎手は先週のオータムハンデでトロワゼトワルで逃げ切って圧勝。

これで内枠にでも入ろうものなら鬼に金棒かもしれません。

 


最後に血統傾向です。

以下が改修工事後の2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去4年の活躍馬の傾向は父にサンデーサイレンス系又は父or母父にロベルト系です。

この条件で過去4年12頭中12頭が該当します。

一応母父ナスルーラ系の好走率も極めて高いのですが、結局は父サンデーサイレンス系なので傾向からは除外しました。

 

今回該当馬

 

アドマイヤスコール
エフェクトオン
エングレーバー
オセアグレイト
サトノラディウス
サトノルークス
ザダル
タガノディアマンテ
ナイママ
ミューチャリー
メイショウテンゲン
モズベッロ
ルヴォルグ

 

以上13頭です。

登録馬が多いので対象馬も多くなってしまいました(;^_^A

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

脚質的には疑問だが、ダービー組から一番前進が見込めそうなこの馬を推します。

前走は痛恨の大外枠ながら健闘したと思う。

皐月賞では6着という実績もあり、決してレベルの低い馬ではない。

今回のメンバーなら一発あってもおかしくない。

近走後方からの競馬が目立つが、前に行けに馬ではないので脚質傾向的にも思い切った先行策をしてほしい。