セントライト記念2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はセントライト記念2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

1番人気でも単勝500円を超える大混戦です。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

 

では上位人気馬4頭の配置を見てみます。

まずは4枠8番リオンリオンですが、この馬は逃げ馬。

内枠が理想的だったとは思いますが、極端に外枠に入った訳でもなく可もなく不可もなくといったところでしょう。

ただ先行勢が多いですから、楽には逃げれないのでは?

 

次に8枠16番ルヴォルグですが、出遅れの可能性もあるこの馬にとって、内枠でないことは良かったかも。

枠順傾向では有利不利無しと書いたが、ただフルゲートの8枠はちょっと外過ぎるかもしれません。

 

次に6枠12番ニシノデイジーですが、この馬は内枠希望だったでしょうね。

内枠配置で常に結果を残してきたこの馬にとってはマイナスでしょう。

 

最後に1枠1番ザダルですが、先行脚質のこの馬にとってはベスト。

ただ今回比較的先行勢が多いので、包まれたらアウトという可能性も否定できない。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇1枠1番 ザダル (馬連・ワイド 各500円)

穴本命馬ー〇8枠16番 ルヴォルグ (馬連・ワイド 各500円)

 

上位勢はどの馬もそれなりに不安はあります。

正直どの上位人気馬を選んだら良いか判断が難しい。

そこで今回は血統傾向と過去データ消去法の記事で書いたことを重視します。

過去10年でダービー組も含め、4番人気以内馬が馬券に絡んだ年は例外なく必ず前走2着以内馬又は2番人気以内馬が馬券に絡む。

そして血統傾向ではサンデーサイレンス系が非常に強い。

この両法に該当するのはザダルルヴォルグだけです。

逆にどちらにも該当しないのがリオンリオンニシノデイジーです。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

やはり前走内容から考えると能力は十分あると思います。

最悪と言える枠からの競馬で、おまけに最後の直線で不利というおまけつき。

まともに走れば、このメンバーに劣るとは思えない。

今回はある程度ペースも流れそうなので、出来ればもう少し前で競馬が出来ればその可能性はさらに広がると思います。