セントライト記念2018予想 過去データ推奨馬と本命馬&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はセントライト記念2018の過去データ推奨馬と本命馬&出走予定馬分析の記事です。

 


まずは2008年以降の1~3着馬です。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、今回は穴馬に注目してみました。

5番人気以下で好走した傾向は

 

①前走1000万クラス以上OP未満で負けた馬

②前走ダービーで二桁着順

 

以上になります。

ちなみに今回はラジオNIKKEI組や青葉賞組はいません。

想定オッズ5番人気以下から当てはまるのは

 

①の傾向から

ケイティクレバー
ダブルフラット
トラストケンシン
レイエスプランドル

 

この4頭です。

500万クラスで穴を出したのは1頭だけなので例外とします。

 

次に②の傾向から

オウケンムーン
グレイル

 

この2頭です。

 

ただ合計6頭では数が多すぎます。

ここから絞るとすればやはり普通に考えて人気でしょう。

過去に2頭しか単勝二桁台が来てないので、今回単勝二桁台になる可能性が高い馬を除くと

オウケンムーン
グレイル

 

この2頭しか残りませんでした。

今回はこの2頭をデータ推奨馬とします。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 レイエンダ 2.1
2 ジェネラーレウーノ 4.5
3 ギベオン 5.8
4 コズミックフォース 6.7
5 ブレステイキング 10.2
6 グレイル 14.7
7 タニノフランケル 17.1
8 オウケンムーン 20.9
9 アドマイヤアルバ 48.6
10 ダブルフラット 59.4
11 ケイティクレバー 80.2
12 ゼーゲン 85.5

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

セントライト記念2018予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

この馬は穴と呼べる程ではないですが、2走前はコズミックフォースとタイム差無しの2着、3走前はギベオンとコンマ1秒差の3着。

父も血統傾向と合うディープインパクトで鞍上デムーロ。

そしてこの馬を選んだ最大の理由はそのデムーロがギベオンではなくこの馬を選んだこと。

正確に言うと選んだと思う。

ギベオンの鞍上は戸崎騎手で藤原厩舎とのタッグもよくあるが、それでも前走ギベオンで好騎乗をしてくれたデムーロに騎乗依頼しなかったとは考えにくい。

ただし当日4番人気以上になったら買いません。

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から3頭選びますので、分析馬も上位人気4頭を対象とします。

 

レイエンダ

先週の京成杯AHで蹴ってしまったミッキーグローリーを思い出す。

鞍上ルメールで勢いのある上り馬。

基本的に格を重視しているので、こういうタイプの馬はいつも軽視してしまう。

レイデオロの全弟で3戦3勝で全て上り最速。

今回のメンバーも中々だが、この馬のレースぶりを見ると血統背景込みでG1を勝てる器のような気がする。

先週の反省を活かすなら本命馬筆頭でしょう。

ただ重賞経験無しで単勝100円台になるようだと妙味薄。

こうなると馬券の買い方はこの馬とのワイド1点勝負か、思い切って消して2・3番人気辺りとのワイド2点勝負という馬券になりそう。

 

ジェネラーレウーノ

前走のダービーは不利な8枠から先行しての惨敗。

今回は良績が集中している中山コースで巻き返しは可能だと思う。

血統相性も良いロベルト系で先行脚質という点でも傾向に合っている。

今回は多少流れるだろうが、厳しい流れの皐月賞でも踏ん張れたのだから問題ない。

レイエンダが一本被りになるようならこの馬に妙味がありそう。

 

ギベオン

この馬の扱いが一番困る。

上記でも書いたがデムーロが降りたこと。

この時点で正直馬券から外そうかと思っている。

戦績は文句無いのだが、「この馬の適性はマイル」とデムーロは判断して降りたのではないか‥推測ですが。

 

コズミックフォース

ダービーで16番人気3着という激走。

ただこの馬は京成杯でジェネラーレウーノの2着であったように過小評価されていたようにも思えます。

今回も出走馬の中でダービー最先着馬でありながら4番人気想定というのはまた舐められているのでは?

 


以上で記事は終わりです。

やはり考えるに馬券で儲けるにはレイエンダをどう扱うかがポイントになりそうです。

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング