セントウルステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はセントウルステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

現時点の単勝オッズは上記の通りですが、総合的なオッズで判断するとタワーオブロンドン・ミスターメロディ・アンヴァルが上位人気3頭と判断できます。

4番人気はどの馬がなってもおかしくない状況です。

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

 

今回は上位人気馬3頭の配置を見てみます。

まずは1番人気8枠12番ミスターメロディですが、この馬は先行馬。

この配置は明らかに外過ぎる。

高松宮記念でも内枠で好走しているようにやはり内枠が良かったです。

 

次に5枠7番タワーオブロンドンですが、決して悪い枠順ではないですが、欲を言えば7枠くらいの外目から末脚を活かす展開が理想的だったと思います。

 

次に7枠11番アンヴァルですが、この馬にとっては絶好枠と言えるでしょう。

この枠なら末脚を存分に発揮できると思います。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇8枠12番 ミスターメロディ (馬連・ワイド 各1000円)

 

ミスターメロディは休み明け・外枠・斤量という不安があります。

ですが、やはりこのレースは逃げ・先行馬が圧倒的に有利なレース。

前走は明らかに内枠有利での勝利。

しかし、初の芝1200m戦でG1勝利というのは内枠の恩恵もあるでしょうが、1200mが適距離という可能性もあります。

上位人気馬の中で実力のある先行馬を選ぶのがベターと判断してこの馬にしました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

今回は上位6頭までの勝負と読んでいます。

穴馬候補で挙げた最も配当がつきそうなマテラスカイはもう一度冷静に考えてみると、ダート馬でアメリカ遠征の叩き台。

やっぱり買えないです(-_-;)

ここは妙味薄ですが、傾向通り絶好枠で先行できるこの馬で勝負したい。

ラブカンプーとマテラスカイの出方でどうなるか分からないが最低でも3番手辺りまでで競馬が出来そう。

今回は人気馬同士の勝負になってしまったので、ワイド・馬連共に1点勝負で攻めます。