スワンステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はスワンステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1400m戦。

想定オッズ1番人気がモズアスコットという時点で波乱の予感がするのは自分だけでしょうか?

旬の過ぎたフランケル産駒の反撃はあるのか?

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると12番ゲートまでが比較的好成績を残している。

少し甘めに採点して13番ゲートまでか?

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

このデータははっきりしていますね。

14番ゲート以降からの穴馬は皆無

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

14番ゲート以降不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると圧倒的に逃げ馬有利です。

そうなると次に有利なのは先行馬かと思いきや、複勝率では先行から追い込みまでほぼ互角。

とにかく逃げ馬には注意が必要です。

 

ここで当レースで逃げた馬の条件

 

① 前走初角2番手以内、4角2番手以内

② 5歳以下

 

この条件に該当する馬は過去10年中9回逃げています。

 

今回の該当馬は

 

イエローマリンバ
キャナルストリート
トゥザクラウン
マイスタイル

 

この4頭です。

ただ逃げたからと言って過去10年で圏外だった4頭に該当してしまうこともありますが、逃げ馬を絞るのであればこの4頭の確率が高そうです。

それでも気になるのはマルターズアポジー。

この馬はスプリンターズステークスでも2番手を取れた馬。

例外ならこの馬かもしれません。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) ディアブロは大系統でヘイルトゥリーズン系
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクトです。

気になるのは母父にノーザンダンサー系の馬が多く絡んでいます

ただその殆どが父ディープインパクトです。

実は父ディープインパクト以外の母父ノーザンダンサー系の複勝率は15%前後

決して特筆する数字ではない。

そこで今回は母父ノーザンダンサー系は軽視しました。

 

今回の該当馬は

 

イエローマリンバ

 

以上1頭です。

ただ敢えて母父ノーザンダンサー系を拾うとすればアマルフィコースト・イエローマリンバ・カルヴァリオ・スマートオーディン・ノーワン・モズアスコット・ロードクエストとなります。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

最初に登録馬を見た時、見間違いかと思う程今回は別路線への参戦。

そして距離が短すぎるというのが誰もが思うところ。

だが、まだこの距離で一度も走ったことが無いという魅力はある。

根本的な能力は重賞で何度も連対経験があることから立証済み。

距離で嫌われるなら、穴馬としては狙ってみたい1頭です。