スワンステークス2018予想 過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はスワンステークス2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

過去10年で5番人気の穴馬に多く見られる共通点

 

① 馬券圏内は3歳馬から6歳馬(例外1頭)

② 前走OPクラス以下の馬は連対以上(例外1頭)

③ 前走重賞組は特に条件なし

以上になります。

現時点の想定オッズ5番人気以下で該当する馬は

 

サフランハート
ベステンダンク

 

この2頭です。

今回はこの2頭をデータ推奨馬とします。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 モズアスコット 1.5
2 ロードクエスト 4.8
3 レーヌミノル 7.5
4 デアレガーロ 8.5
5 グァンチャーレ 17.3
6 ヒルノデイバロー 17.9
7 ベステンダンク 27.6
8 キングハート 42.9
9 サフランハート 54.0
10 コウエイタケル 65.6

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

スワンステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

今年に入ってから5戦しているが、馬券圏外は長期休養明けの1度だけ。

データ推奨馬と言う後押しもあり、モズアスコット以外はOPクラス程度の馬ばかりなので、格下だが勢いだけで3着以内ならあり得ると思います。

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から選びます。

 

モズアスコット

安田記念では本命にした馬。

このメンバーでは力が違い過ぎる。

展開だとか調子だとかそういうのは問題ではない。

一番の問題は配当です。

 

ロードクエスト

仮にモズアスコット以外で妙味と実力のバランスが取れている馬を選ぶとすれば、鞍上デムーロの実力込みでこの馬だと思う。

脚質転換して爆発力が落ちた代わりに大敗しないようになった。

ただ、それでも3歳時がピークで下降線を辿っているこの馬の信頼性は低い。

 

レーヌミノル

現在9戦連続馬券圏外で近2走は連続二桁着順。

しかし、今まで負け続けてきたレースレベルを考えるとモズアスコット以外なら勝負になり得ると思う。

でもやっぱりここまで負け続けるというのが気になります。

一番グレードが低かったオーシャンステークスにしてもキングハートには負けているし、ロードクエストとはタイム差無しで先着という程度。

 

デアレガーロ

京都牝馬ステークスではミスパンテールの2着。

マンハッタンカフェ産駒で非根幹距離が得意な可能性もありそう。

ただその後の成績は1600万クラスは勝ったものの、OPクラスでも敗退しているし上位人気馬として扱うのは正直微妙なレベルです。

 


以上で記事は終わりです。

ここは買い方が大事になってくるかもしれません。

モズアスコットから馬券を組んでも回収率が低配当なら、本命馬から2~4番人気まで流すか?

それともモズアスコットとのワイド1点勝負か?

配当次第で馬券の組み方が大きく変わると思います。

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング