スプリンターズステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はスプリンターズステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝1200m戦。

いよいよ秋のG1シリーズがスタートです。

普段競馬は買わないけどG1だけは買うといった人も多いので、やはり普段のレースより注目度は高い。

なんとしても当てたいレースです。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

2014年に改修工事があったのでデータはそれ以降からの4年分になります。

結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると比較的8番ゲート以内から好走馬が多くみられます。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去4年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関しては6番ゲート以内から多く出現しています。

実はこのレースは改修工事前も含めて2010年以降1~6番ゲート以内の5番人気以下の馬が必ず馬券内に来ています。

昨年も1番ゲートの13番人気ラインスピリットが馬券内に絡み、更に4着にも6番ゲートの10番人気ダイメイプリンセスが迫ってきた。

 

上記のデータを踏まえて今回は

 

1~6番ゲート有利

 

と判断します。

個人的には穴馬は決め打ちしても良いレベルだと思ってます。

 


次に脚質傾向です。

改修工事後の過去4年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると追い込み馬以外ならチャンスありという感じです。

そして勝ち馬に関しては過去4年で差し馬が4勝。

ただ差し馬が強い割りに、上り1・2位の複勝率は良いとは言えない。

このデータから推測するとソコソコの上りが使える差し馬が理想的でしょう。

現在の上位人気馬でこれに該当しそうなのはダノンスマッシュだと思います。

タワーオブロンドンは3戦連続上り1位で決め手勝負はピカイチだが、傾向的には末脚特化タイプは危険な匂いがします。

 


最後に血統傾向です。

以下が改修工事後の2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(ヘイルトゥリーズン系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去4年の活躍馬の傾向は父にミスプロ系・大系統ヘイルトゥリーズン系の中のスピード型サンデーサイレンス系です。

この条件で過去4年12頭中11頭が該当します。

 

イベリス
キングハート
セイウンコウセイ
タワーオブロンドン
ダノンスマッシュ
ディアンドル
ファンタジスト
モズスーパーフレア
レッツゴードンキ

 

以上9頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

今回は狙いたい穴馬が結構いる。

そして今回の穴馬は枠順をかなり重要視しているので、あくまでも枠順抜きにしてということで。

血統を見ると本当に短距離馬なの?と思ってしまうが、馬柱を見ると疑う余地はない。

走ってないだけで、距離を伸ばしても走れる可能性はあると思う。

デビュー以来連対率100%でこのレースと好相性の軽斤量3歳牝馬。

格的にはまだ劣ると思うが、この勢いは無視できない。