スプリンターズステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんにちは、ワイド師です。

今回はスプリンターズステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~6番ゲート有利と判断しています。

 

では上位人気馬4頭の配置を見てみます。

まずは1枠2番ダノンスマッシュですが、先行又は差しというタイプで内枠は良かったが、4~6番ゲート辺りがより理想的だったかもしれない。

まあ、鞍上が川田騎手なら詰まって出れないなんて競馬はしないと思うので、そこまで心配する枠でもなさそう。

 

次に4枠8番タワーオブロンドンのこの枠は内過ぎず外過ぎずベストな枠順ですね。

 

次に4枠7番モズスーパーフレアですが、今回は逃げると陣営が言っているので、そうなるとこの枠は及第点というところでしょうか。

欲を言えば1~2枠辺りなら絶好だったでしょう。

 

最後に5枠9ディアンドルですが、この馬は先行馬。

まあ内枠がよかったでしょうが、この配置ならギリギリ及第点でしょう。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇1枠2番 ダノンスマッシュ (馬連 ・ワイド 各500円)

穴本命馬ー〇4枠8番 タワーオブロンドン (馬連・ワイド 各500円)

 

ベタですがこの2頭です。

 

ダノンスマッシュは本格化してから連を外したのは外枠が不利だった高松宮記念だけ。

 

タワーオブロンドンは正直評価を落とそうと思いました。

その理由は

 

① スプリンターズステークスは上り1位・2位の成績は悪い。

② グランアレグリアが出走していていれば、ルメール騎手はこの馬には乗らなかった。

③ あくまでサマースプリントチャンピオンがメイチ勝負だった。

 

これだけ不安要素を挙げてもダノンスマッシュを負かす馬と考えたら、やはりこの馬だと思うので対抗馬2頭目としました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

この記事で書いたようにこのレースで穴馬を買うなら無条件で6番ゲート以内

この時点で週中に挙げた候補馬は消しました。

今回、その中でも絶好枠に入ったこの馬で勝負します。

2年連続で出走したこのレースは全て休み明け。

過去の間隔を見ても明らかに中9週以内でのローテーションで好走歴が多い。

今回は叩いての参戦で、モズスーパーフレアより内枠に入り条件が揃った。