スプリンターズステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はスプリンターズステークス2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝1200m戦です。

いよいよ秋のG1シリーズ第1戦です。

スタートダッシュを決められるように頑張ります。

 


まず枠順傾向です。

今回登録馬は22頭です。

間違いなくフルゲートの1戦になるでしょう。

例のごとく改修工事後の2015年以降のデータです。

全てフルゲートです。

 

 

これを見ると1枠から3枠の成績が非常に良い

そして今回は穴馬に注目します。

過去3年で5番人気以下の馬はどの枠から良く出たか?

調べてみると以下の通りです。

 

 

全て1枠から3枠以内です。

穴馬は決め打ちしても良いレベルです。

人気馬は外枠でも来るが穴馬は内枠。

 

今回の結論は

 

1枠~3枠有利

 

と判断します。

ちなみに省略しますが、コースデータでも人気薄の馬は内枠から良く出ていました。

 


次に脚質傾向です。

同じく改修工事後のデータです。

 

 

過去3年ですので微妙ですが、逃げ馬と差し馬が好成績。

特に逃げ馬は要注意でしょう。

ただ差し馬は5連対の内レッドファルクスが2回来ているので、差し馬が有利というよりレッドファルクスが強かっただけとも考えられます。

 

なので注目するなら逃げ馬ではないでしょうか。

枠順次第になりますが、逃げ馬候補は

セイウンコウセイ
ラブカンプー
ワンスインナムーン

 

以上3頭です。

今回短距離戦の割りに逃げ先行馬が多くないので、この3頭は要注意です。

 


最後に血統傾向です。

過去3年の活躍馬の傾向は父にミスプロ系で特にアドマイヤムーン・スウェプトオーヴァーボード・キングカメハメハ産駒スピード型サンデー系種牡馬(ディープインパクト・フジキセキ・ダイワメジャー産駒等)です。

 

アレスバローズ
キングハート
セイウンコウセイ
ナックビーナス
ファインニードル
ムーンクエイク
ラインスピリット
レッツゴードンキ
レッドファルクス
ワンスインナムーン

 

以上10頭です。

頭数が多くて絞り切れませんが、やはりファインニードルは近走成績と血統傾向的にもかなり有力な1頭と考えて良いでしょう。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

はっきり言って枠順次第ですが、前走新たな鞍上で久しぶりの勝利。

逃げた時の連対率は7戦して100%です。

前走勝利したが、多分今回も舐められた扱いになりそうな予感。

今回も継続騎乗なので内枠で強気な騎乗が出来ればもう1発あるかもしれない。