スプリングステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はスプリングステークス2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠3番ヴェルトライゼンデ4枠4番ココロノトウダイですが、共に先行馬。

内馬場は荒れて微妙かと思ったが、金曜・土曜日の競馬を見る限り問題無さそう。

そしてこの二日間前残り決着が多かったことからもこの配置はプラスだと思います。

 

次に5枠5番ファルコニアですが、前走は一変して差しで快勝。

10頭立ての丁度真ん中を引いて、先行でも差しでも展開に合わせて競馬が出来そう。

良い配置だと思います。

 

最後に8枠9番サクセッションですが、内にはそれなりに前に行きたい馬も多く先行するにはやや外寄りかも。

少頭数ではあるが、プラス評価と言える配置では無いと思います。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

(3連単フォーメーション)

③ヴェルトライゼンデ ⑤ファルコニア

1着 ③
2着 ⑤
3着 ◎穴本命馬(A)(B)
各500円×2点=1000円

1着 ③
2着 ◎穴本命馬(A)(B)
3着 ⑤
各500円×2点=1000円

計2000円

 

ここはヴェルトライゼンデの1着固定。

このメンバーでホープフルS優勝馬コントレイルと差の無い競馬をできる馬はいないはず。

 

そして対抗2番手は連勝中のディープ産駒ファルコニア。

枠順もベストで勢いのあるディープ産駒は消せない。

 

サクセッションは来てもおかしくは無いが、回収率を上げるためにも今回は来ない方に賭ける。

鞍上弱化と距離延長が良いとも思えないので。

 

ココロノトウダイはさすがに売れ過ぎでは?

好枠ではあるが、実績とオッズを考えると妙味薄なので消します。

 

最後に穴馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(A)

父は好走傾向にあるサンデーサイレンス系。

この馬自身は芝1800mは3戦全て馬券内。

枠順と金・土曜日の傾向からも逃げか番手が打てれば一発あるかも。

(B)

相手なりに走れる強みがある。

多少外寄りではあるが、少頭数なのでこの馬の先行力に期待します。