スプリングステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回はスプリングステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝1800m戦。

現時点の登録馬は12頭。

阪神大賞典と同様少頭数でこのレースも堅く収まる予感がします。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

改修工事後の過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると、先行と差しが好成績

次いで逃げ馬で追い込み馬はかなり分が悪そうです。

 

今回のメンバーを見ると、先行勢はかなり揃った感じ。

ただキャリア的にこれから脚質が決まってくる馬もいるので一概に先行勢不利とも言えない。

 

まあそれでも前でしか競馬が出来ないタイプより、好位追走できる馬を選んだ方が無難でしょう。

上位人気馬で見ると、ファルコニアヴェルトライゼンデの両馬は前走控えて好走している。

サクセッションは過去の走りを見ると、逃げ・番手・マクリといった競馬で4角では少なくとも全レース3番手以内。

展開的には一枚割引きたいですね。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・サンデーサイレンス系

 

 

です。

 

ほぼ父サンデーサイレンス系が絡んでいるレース。

2勝しているロードカナロア産駒も要注意ではあるが、2頭とも1番人気だった馬。

傾向とまでは読み取れないので、今回は外しました。

 

今回の該当馬

 

エンデュミオン
ガロアクリーク
シルバーエース
ファルコニア
ヴェルトライゼンデ

 

以上5頭です。

今回の登録馬の半数6頭がミスプロ系という状況。

これだけいればさすがに1頭くらいは人気薄でも絡むかもしれないですね。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

2012年を除く過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走G1で4着以内又は前走1番人気or1着(但し前走500万クラスの馬は1着馬に限る)
➁ 前走上り3位以内

 

以上になります。

過去10年(開催数9回)で4番人気以内馬のどれかが来た年は9回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去9回中8回です。

 

今回の想定1~4番人気馬で上記の条件に該当する馬は

 

ファルコニア
ヴェルトライゼンデ

 

この2頭です。

ここまでを踏まえて上位人気馬で推奨するならファルコニアヴェルトライゼンデです。

消去法推奨馬で展開的にも合いそう。

逆にサクセッションは展開的に向かない可能性もある。

さらに上位人気馬に限っては上りが使える馬が近年好走傾向にあり、この点でも推しずらいですね。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

このレースは上位人気3頭がかなり強そう。

穴馬を狙うならせいぜい3着狙いでしょう。

レベル的には疑問だが、父は好走傾向にあるサンデーサイレンス系。

この馬自身は芝1800mは3戦全て馬券内。

鞍上は今回変更になるが、前回騎手同様に1発の魅力があります。