ステイヤーズステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はステイヤーズステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝3600m戦。

毎年堅いレースですが、今年のメンバーの収拾は非常に難しい。

ほとんどの馬が近走惨敗で、判断材料が乏しい。

今年は多少波乱の可能性もあるかもしれません。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事があった2014年以降の過去5年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると13番ゲート以降からは好走無し。

ただ今回の登録馬は13頭なのでそこまで気にすることも無さそう。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬は過去5年で僅か1頭だけ。

これだけでは有利不利の判断はできない。

まあ頭数もそれ程多くないので気にしなくてもよいか。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると圧倒的先行馬有利です。

そして今回明らかに前に行きそうな馬は意外に少ない。

逃げるとすればベイビーステップ、2番手にオジュウチョウサンでしょう。

ベイビーステップはさすがに買えないが、オジュウチョウサンは展開と傾向的には推せる馬だと思います。

 

そしてそれ以上に注目は上がり1・2位の複勝率が異常に高いこと。

過去5年で11頭中10頭が馬券内という成績。

ここに該当する馬を見つけることが出来れば軸としては最適でしょう。

ただ今年のメンバーはピークの過ぎた馬や能力的に足りない馬ばかりでドングリの背比べ。

ここから上り1・2位馬を見つけるとなると過去実績くらいからしか判断できない。

一応今回のメンバーで調べてみました。

3000m以上の距離で過去複数回上り3位以内を出したことのある馬はアルバート・リッジマン・モンドインテロ・ララエクラテールです。

近走の成績もあるので参考程度で覚えておいても良いでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向はトニービン・ロベルト・ネヴァーベンド内包馬です。

内包馬なので上記の血統表では載せきれてませんが、過去5年で昨年優勝馬リッジマン以外の14頭はこの条件に該当します。

 

今回の該当馬は

 

アルバート
エイシンクリック
オジュウチョウサン
チェスナットコート
ネイチャーレット
モンドインテロ
ヴァントシルム

 

以上7頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

ドングリの背比べのようなメンバーならこの馬の一発があっても不思議ではない。

札幌では案外だったが、洋芝コースはもともと成績が悪い馬。

それ以外のコースでは高確率で上り1・2位を連発している。

トニービン内包馬で血統傾向にも沿っており、脚質的にも可能性は秘めている。

前走の惨敗で人気が下がるようなら狙う価値は十分ありです。