ステイヤーズステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はステイヤーズステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

現時点で単勝4番人気はオジュウチョウサンですが、実質的な売れ行きはモンドインテロが4番人気。

よって4番人気はモンドインテロとします。

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

まずは2枠2番ヴァントシルムですが、近2走は後方からの競馬になってしまったが、基本的には先行脚質。

同型馬も少なく好枠だと思います。

 

次に7枠10番リッジマンですが、昨年は11番ゲートからの発走で今回もそんなに変わらない。

特に問題無いでしょう。

 

次に7枠11番アルバートですが、過去3回のステイヤーズステークス中では1番の外枠。

ただ差し馬なので好枠とも言えないがマイナスと言う程の枠でもないでしょう。

 

最後に8枠12番モンドインテロですが、アルバートと同じような脚質で配置もほぼ一緒。

評価的にはアルバート同じく特に問題無いでしょう。

 

 

上位勢の中では2枠2番ヴァントシルムが一番いい枠を引いたと思います。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬〇2枠2番 ヴァントシルム (馬連 500円・ワイド 500円)

◎穴本命馬-〇8枠12番 モンドインテロ (馬連 500円・ワイド 500円)

 

今回のメンバーの成績を見ると散々たる成績。

その中でもヴァントシルムは3・4走前にアルゼンチン共和国杯2着のタイセイトレイル、京都大賞典3着のシルヴァンシャーと互角の戦いをしている。

上位人気馬にかなり不信感があるなかで、突き抜けるならアルバートかもしれないが、馬券内という意味ではこの馬を上位に取りたい。

 

そしてモンドインテロですが、アルバートと迷った末にこの馬。

1・2番人気のアルバートやリッジマンは前走、又は近走の成績が酷過ぎる。

来ても仕方ないが、来なくても納得できる。

この馬も前走大敗したがハンデ戦で軽量馬にやられたということで、まだ情状酌量の余地あり。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

今回は異例だが穴馬候補に挙げた2頭がそのまま対抗馬となってしまいました。

そこで新たな穴馬で勝負します。

何度も言うようにこれだけ成績が酷い馬達が集まるなら、下級条件の馬でも勝負になるのでは?

そこでフレッシュさを重視してこの馬。

血統傾向から考えるとロベルトやトニービンを持っていないこの馬は個人的にはかなりマイナス要素。

ただ今回のメンバーならこの馬の「相手なり」の走りに期待して良いかも。

枠順も丁度良い内枠に入り、速い上りも使える。

あまり自信はありませんが、思い切ってこの馬から勝負します。