ジャパンカップ2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はジャパンカップ2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝2400m戦。

外国馬の参加無しで、日本馬の主役級も海外や有馬記念へ向かう。

小粒感が半端ないジャパンカップとなってしまいましたが、馬券的にはとても面白そう。

難しい予想になりそうですが頑張ります。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると6番ゲートまでの複勝率がかなり高い

そして1番ゲートが3勝で6番ゲートまでで見ると7勝している。

間違いなく内枠有利と判断しても良い。

ただ15~17番ゲートの複勝率の高さも侮れない。

外枠からの一気の末脚ズドンというのも注意が必要かもしれない。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見るとこちらも基本的には6番ゲートまでの複勝率が高い。

穴馬11頭中6頭が6番ゲート以内から出現している。

ただ7番ゲート以降からも複勝率は低めだが、平均的に穴馬は出現している。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~6番ゲート有利

 

と判断します。

ただ外枠即消しという判断は危険かもしれません。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると追い込み馬はやや分が悪い。

勝率は逃げ・先行馬が有利。

ただ差し馬も5勝しているので注意が必要。

 

上りを見ると2位までの複勝率が50%台でキレキレの脚が絶対に有利と言える程ではない。

枠順傾向と合わせて考えると内枠からの立ち回りでチョイ差しという戦法がジャパンカップでは理想的でしょう。

今回はそれ程前に行きそうな馬も多くないので、やはりある程度の脚を持ってソコソコのポジションを取れそうな馬を狙っていきたいですね。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にサンデーサイレンス系・ミスプロ系且つトニービン内包馬です。

過去5年を見ると父サンデーサイレンス系とミスプロ系の独占状態です。

ただ今回の出走メンバーを見ると、ウインテンダネス以外は全てサンデーサイレンス系・ミスプロ系です。

そこで優劣がつけられるのはトニービン内包馬です。

とにかくこのレースはこの血が良く走ります。

 

今回の該当馬は

 

シュヴァルグラン
スワーヴリチャード
タイセイトレイル
ダンビュライト
ムイトオブリガード

 

以上5頭です。

過去10年で9回トニービン内包馬が馬券内に入っている。

最低でも1頭はこの中から馬券内に食い込んでくると思います。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

やはり狙うのはトニービン内包馬です。

近2走は慣れない英国遠征と斤量60キロという未経験づくし。

3走前のドバイではレイデオロやスワーヴリチャードにも先着。

年齢と遠征明けという不安もあるが、得意コースでもあり鞍上も今回は強化された。

オッズ的にも十分妙味がありそうなので面白いと思います。