シンザン記念2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はシンザン記念2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1600m戦。

今年は少頭数での競馬になりそうですが、少頭数でも結構荒れるレースなので、そこに期待して穴馬狙っていきます。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

先週の京都金杯もそうでしたが基本内枠有利。

ただ登録馬が12頭なのでそこまで気にしなくても良いかもしれないが、勝率・複勝率で見ると9番ゲートまでが良さそうです。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見ると14番ゲート以内までなら許容範囲だが、こちらも区切るなら9番ゲート以内の好走率が高そうに思える。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると逃げ馬が圧倒的有利

次いで先行馬の成績もマズマズ。

ただ勝率的には悪いが差し~追い込みも各2勝しているので軽視は禁物か?

まず今回のメンバーで逃げ馬となると近2戦連続で逃げているコルテジア。

皆キャリアが浅いので断定はできないが、その他にも先行しそうなメンバーも結構いるので、今回は中団くらいからの馬でもチャンスは十分ありそう。

流れる展開になるなら、人気所で狙ってみたいのはタガノビューティー

朝日杯で上り2位の決め手を繰り出し5着という成績。

少頭数なので馬群を捌くリスクも少なく、オッズ的にもこの馬から狙っていけば妙味がありそうです。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 注・ディアブロはサンデーサイレンスの親戚
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ロードカナロア

・ハービンジャー

・ロベルト系

・スタミナ型サンデーサイレンス系

 

又は

 

母父に

・サンデーサイレンス系

 

です。

注目しているのはロードカナロア産駒で近2年で2連勝。

アーモンドアイは別格だとしても昨年のヴァルディゼールも勝っている。

 

今回の該当馬は

 

カバジェーロ
コルテジア
タガノビューティー
プリンスリターン
ヴァルナ

 

以上5頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

血統傾向で書いた特注のロードカナロア産駒は今年はこの馬だけ。

そして前走は2番手で競馬をしながら上り最速というのも魅力の一つ。

まだ底が見ていないので、その点でも狙ってみたい1頭です。