シンザン記念2020予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はシンザン記念2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~9番ゲート有利と判断しています。

ただ結局10頭立てとなり枠順の有利不利は殆どないと考えて良いでしょう。

そして少頭数なので脚質面でも評価を極端に落とすことも必要ないと思います。

 

一応上位4番人気馬までの配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番サンクテュエールですが、有力馬の中ではこの馬が1番の好枠。

近2走とも2番手での競馬でこの枠順なら今回もそれなりの位置をキープできそう。

 

次に4枠4番タガノビューティーですが、この馬は追い込み馬。

理想はもう少し外目の配置が良かったかもしれない。

ただ少頭数なので極端に評価を下げることも無いでしょう。

 

次に5枠5番オーマイダーリンですが、初戦は先行で2戦目は追い込みという極端な競馬。

今回どういう競馬をしてくるかは分からないが、とりあえず中枠ならどんな競馬でも対応できそう。

 

最後に8枠9番ルーツドールですが、キャリアは新馬戦のみで先行押し切り。

8枠だが10頭立てという考えると、仮に先行策を取ったとしてもそれ程距離ロスは無いと思う。

 

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬〇4枠4番 タガノビューティー (馬連 500円 ワイド 1000円)

◎穴本命馬-▲8枠9番 ルーツドール (馬連 500円)

 

対抗馬筆頭は朝日杯で初芝・初G1で4着という能力の高さをアピールしたタガノビューティー。

2番手は前走圧巻の走りを見せたルーツドール。

このレースは過去10年で馬体重520キロ以上の馬の複勝率は75%というデータがあり、今回はルーツドールだけが該当しそう。

この2頭で勝負です。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

この馬とカバジェーロで悩んだのですが、過去10年で馬券内になった30頭中前走マイル以上だった馬は27頭います。

悩んだ末に前走1400m戦のカバジェーロは今回消しました。

とにかく穴馬に関しては前走阪神開催組が強い

鞍上がマイナー騎手ということもあり実績に対して低評価。

前走は今回人気馬のタガノビューティーとコンマ2秒差。

朝日杯2着のタイセイビジョンとは距離が違えど、3走前にコンマ2秒差。

能力的に走る背景は十分にあります。