シルクロードステークス2020予想 過去データ消去法

こんばんわ、ワイド師です。

今回はシルクロードステークス2020の過去データ消去法の記事です。

データ消去法は基本的に上位人気馬編(基本的には4番人気まで)と穴馬編(基本的には5番人気以下)に分けています。

 

netkeibaさんの現在の想定オッズは以下の通りです。

上位20番人気までです。

 

 

ヴェロックスはやはり回避しました。

普通に考えて出るわけがない。

 


まずはデータ消去法上位人気馬編から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走G1出走馬又は前走2着以内

 

以上になります。

 

過去10年で1~4番人気馬のどれかが来た年は10回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10回中9回です。

 

今回の想定1~4番人気馬で上記の条件に該当する馬は

 

ディアンドル
レッドアンシェル

 

この2頭です。

 


次はデータ消去法穴馬編です。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

穴馬編も年代別単位で考えています。

過去10年で穴馬に多く見られる共通点

 

① 5~8歳
➁ 前走距離1200~1400m
③ 前走関西圏のレースに出走
④ 前走5着以内or5番人気以内

 

以上になります。

 

過去10年で5番人気以下馬のどれかが来た年は10回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10回中8回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

カラクレナイ
ジョイフル

 

この2頭です。

もう少し条件を緩めると前走G2クラス以上の関西圏出走馬は着順関係なく好走例があり、これに該当するのはセイウンコウセイです。

 


 

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

シルクロードステークス2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

頻繁に二桁人気馬が穴をあけるレースなので、この馬は面白いかも。

前走はハンデ戦で嵌った感じもするが、それでもナックビーナスを撃破した実力は侮れない。

モズスーパーフレアがつくる流れなら、前走の再現も十分考えられる。