シルクロードステークス2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はシルクロードステークス2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1200mのハンデ戦。

ハンデ戦らしく二桁人気馬がかなり多く馬券になるレースで大荒れ傾向がある。

今年はどうでしょうか?

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

登録馬が多すぎるので20番人気まで載せました。

 

 

ヴェロックスが何故か登録してる。

川田騎手も乗らないし、本当に出走する気はあるのか?

一応、このブログでは回避として考えています。

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

好走馬はほぼ9番ゲート以内に密集している。

普通に内~中枠有利と考えて良さそう。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

昨年は18番ゲートからティーハーフが大穴をあけたが、基本的に穴馬は中枠まで。

11番ゲート以降はかなり厳しい。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~10番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

勝ち数は0だが複勝率で見ると逃げ馬はかなり好成績です。

次いで先行馬も中々の成績を挙げている。

ただ意外と差し・追い込みも善戦しているので軽視は禁物でしょう。

 

逃げ馬に関してですが、今回は快速馬モズスーパーフレアが出走予定。

あと逃げそうな馬はセイウンコウセイくらい。

そのセイウンコウセイでさえ近走逃げの手は打っていない。

普通に考えたらモズスーパーフレアが楽逃げ出来そうな展開。

中山専用機みたいな馬だが、傾向と展開だけを考えたら外せない1頭です。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

ミスプロ系

 

です。

一目瞭然でもう完全にミスプロ祭りです。

 

今回の該当馬は

 

ジョイフル
セイウンコウセイ
ティーハーフ
ディアンドル
ブラックムーン
モズスーパーフレア

 

以上6頭です。

除外が濃厚な馬は載せていません。

それにしても意外とミスプロ系の出走馬が少ないですね。

それでも毎年4番人気以内のミスプロ系は必ず1頭連絡みしているので、ディアンドルとモズスーパーフレアは重視したい2頭です。

 

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

もう終わったかと思うと走ったり、期待すると走らなかったりという難しい馬。

ただ今回は数少ないミスプロ系の馬で内枠を引けたら可能性はあるかもしれない。

昨年は休み明けでこのレースは惨敗したが、それ以前の同レースで2度も好走歴がある。

まあ今回も休み明けなので何とも言えないが、軽く扱われるようなら狙ってみたいと思います。