シリウスステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はシリウスステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われるダート2000mのハンデ戦。

ハンデ戦だが、意外と堅い決着も多いレースです。

しかし、ハンデ戦なら当然狙っていくしかないでしょう。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

グリム・テルペリオン・リアンヴェリテは回避しました。

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると内も外も大差ないように見えるが、4番ゲート以内で8勝しているのはかなり極端な傾向です。

内枠有利か?

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

7番ゲート以内で飛び飛びではあるが、比較的好走馬が多い。

しかし8番ゲート以降から好走した穴馬は成績がイマイチ。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~7番ゲート有利

 

と判断します。

絞るならやはり4番ゲート以内でしょう。

ただあまり範囲を狭めすぎるのも危険なので7番ゲートまで広げました。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると圧倒的に先行馬有利です。

ただ複勝率は悪いものの、差し馬が5勝というのも注目したい。

ダート戦で上り2位の複勝率が75%あるというがその証拠です。

基本的には先行馬だが、それ以外で勝負になる馬は確実に上り勝負に強い馬でしょう。

 

上位人気馬で見ると、上りで特筆なのはやはりモズアトラクション

先行タイプで考えると、前走が初ダートだったがタイムフライヤーがそのタイプでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にサンデーサイレンス系・ミスプロ系です。

この条件で過去5年15頭中12頭が該当します。

正直、複勝率で調べると父又は母父でも特筆できる程の傾向はありませんでした。

強いて挙げるなら書いた通り父にサンデーサイレンス系・ミスプロ系でした。

今回は該当馬が多いので非該当馬を挙げます。

 

今回該当馬

 

キングズガード
マッスルビーチ
モズアトラクション
ヤマカツライデン

 

以上4頭です。

回避馬は対象にしていません。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

脚質傾向で書いたように先行馬が有利なレース。

内枠さえゲットできれば、この馬の先行力が発揮できるはず。

血統傾向でも合致するサンデーサイレンス系。

そして2走前は先行馬有利な流れだったのは否めないが、それでもモズアトラクションに先着している。

想定オッズ的にも穴馬としては面白いと思います。